@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中島歌子【なかじま うたこ】

美術人名辞典

中島歌子
歌人。幼名トセ、号は園・萩の舎。水戸藩士林忠左衛門の妻、池田利右衛門養女。加藤千浪門人。御歌所出仕・日本女子大学校国学教授を務める。門人に樋口一葉がいる。明治36年(1903)歿、60才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中島歌子 なかじま-うたこ
1845*-1903 明治時代の歌人。
弘化(こうか)元年12月14日生まれ。江戸の人。水戸藩士林忠左衛門と結婚。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱にくわわった夫と死別。のち加藤千浪(ちなみ)にまなび,東京小石川で歌塾萩の舎をひらいた。門人に三宅花圃(かほ),樋口一葉らがいる。明治36年1月30日死去。60歳。歌日記に「秋の道しば」。
【格言など】よしさらは月もまつへし山桜はなの木かけに日はくれにけり(「萩のしつく」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中島歌子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中島歌子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation