@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中心力【ちゅうしんりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中心力
ちゅうしんりょく
central force
質点に働く力の作用線が常に定点Oを通るとき,この力を中心力といい,点Oを力の中心という。例としては万有引力クーロン力がある。中心力を受けている質点は定まった平面上を運動し,力の中心に関する角運動量は変らない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうしん‐りょく【中心力】
物体に働く力の作用線が、ある一定点を常に通るような力。太陽・惑星間の万有引力荷電粒子間のクーロン力など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうしんりょく【中心力 central force】
質点に働く力がつねにその質点と別の一定点Oを結ぶ直線の方向に働き,その大きさと向きがOと質点との間の距離rだけできまるとき,この力を中心力,Oを力の中心という。太陽や惑星の大きさを無視して質点と考え,太陽を不動とすれば,惑星が太陽から受ける万有引力は中心力である。中心力による運動では面積速度が一定に保たれるが,これは角運動量が保存されることを意味している。【小出 昭一郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中心力
ちゅうしんりょく

物体(厳密には、質点、質量をもつが、広がりをもたないかまたは無視しうる)に働く力の一種で、その強さが力の中心から物体までの距離だけで決まり、その方向が力の中心と物体を結ぶ直線に沿っているものをいう。孤立した二つの質点の運動は、一般にそれらの重心運動と相対運動に分けられ、前者は力の作用のない自由運動であり、静止しているかまたは等速直線運動を行う。後者は、質点間に働く力のもとでの一粒子運動と等価である。力の中心は、相対距離がゼロの場合に対応している。中心力の特徴は、その作用のもとで運動する質点がその角運動量、すなわち力の中心からの位置座標rと運動量pのベクトル積r×pを保存することである。惑星の運動に関するケプラーの第二法則、面積速度一定の法則は、この角運動量の保存から導かれる。さらにベクトルとして角運動量を保存することから、その運動は平面上に限られる。惑星の運動はこの例で、中心力としての万有引力のもとで、惑星に比べ非常に重い太陽を近似的に力の中心としている。中心力の例としては、ほかに荷電粒子間、たとえば電子や陽子間に働くクーロン力などがある。非中心力の例としては、核子(中性子および陽子)間に中間子を媒介として働く核力が知られている。

[阿部恭久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうしん‐りょく【中心力】
〘名〙 物体に働く力が常に一定点を通り、しかもその大きさはその点からの距離だけで決まるような力。等速円運動をする場合に働く向心力や、ニュートンの万有引力・クーロンの電磁気力など。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中心力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中心力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation