@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中性岩【ちゅうせいがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中性岩
ちゅうせいがん
intermediate rock
火成をその化学成分のうちに二酸化ケイ素が占める割合によって分類したとき酸性岩塩基性岩との中間に位置する岩石。すなわち重量百分率で 66~52%の二酸化ケイ素を含む火成岩。主として斜長石 (おもに中性長石) ,角閃石,輝石などの鉱物によって構成されており,閃緑岩ひん岩安山岩などがこれに属する。水素イオン濃度中性とは異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうせい‐がん【中性岩】
火成岩のうち、二酸化珪素(けいそ)の含有量が酸性岩塩基性岩との中間で、52~66パーセントのもの。閃緑(せんりょく)岩安山岩など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

中性岩
酸性のグループと塩基性のグループの中間の岩石をいう[Jud : 1885].これらのSiO2含有率は重量比で52%と66%の間で,60%を中心とした値をもつものである中性(neutral),中酸性の(mediosilicic)など同じ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうせいがん【中性岩 intermediate rock】
火成岩を化学組成により分類したとき,SiO2を52~66重量%含むものを指す。また,それらの岩石が変成してできた変成岩に対して用いられることもある。これと関連した語として塩基性岩(SiO245~52%),酸性岩(同66%以上)という語があるが,塩基性,中性,酸性という語は化学ではpHの意味で使われ,これと関連しているように誤解されるので中性岩を〈中間組成の岩石〉ということもある。細粒火成岩として安山岩をはじめミュージェアライトmugearite,テフライトなど,中粒のものとしてセン緑斑岩,石英セン緑斑岩,モンゾニ斑岩など,粗粒のものとしてセン緑岩,石英セン緑岩,モンゾナイトmonzoniteなどをあげることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中性岩
ちゅうせいがん
intermediate rock

化学組成のうえで、シリカSiO2の量が約55~65%の火成岩。塩基性岩と酸性岩の中間的組成をもつ。火山岩では石英安山岩、安山岩、粗面岩など、深成岩では石英閃緑(せんりょく)岩や閃緑岩がこれに含まれる。火成岩全体をシリカの量で統計的にみると、酸性岩と塩基性岩が比較的多いのに対し、中性岩はやや少ない。これは安山岩や閃緑岩に比べて、花崗(かこう)岩と玄武岩が大量に産するためである。しかし、日本やアメリカ西部のような変動帯では、安山岩や閃緑岩のような中性岩が、他の安定した地域に比べて多量に産出する。

[橋本光男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうせい‐がん【中性岩】
〘名〙 酸性岩と塩基性岩の中間の化学組成を有する火成岩の総称。約六〇パーセントの二酸化珪素を含有し、安山岩・閃緑岩などが属する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

中性岩
チュウセイガン
intermediate rock

火成岩のうち,玄武岩流紋岩(花こう岩)の中間的性質をもつ岩石の総称.おもな性質は,安山岩から石英安山岩に相当し,SiO2の含量が54~65% 程度のものをいう.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中性岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中性岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation