@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中性長石【ちゅうせいちょうせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中性長石
ちゅうせいちょうせき
andesine
アンデシンともいう。斜長石の一種。ナトリウムカルシウムをほぼ等量 ( Ab70An30~Ab50An50 ) 含む ( Ab は曹長石,An は灰長石) 。三斜晶系,比重 2.65~2.68,硬度6~6.5。中性岩の主要構成鉱物の一つで,変成岩にも含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうせいちょうせき【中性長石】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中性長石
ちゅうせいちょうせき
andesine
長石を6種に分類したときの変種名で、現在では曹長石として扱う。この鉱物は外観から他の斜長石と識別できないが、産状である程度わかる。花崗斑(かこうはん)岩、(ひん)岩、石英閃緑(せんりょく)岩、閃緑岩、流紋岩、安山岩、デイサイトなどを構成する鉱物として普通に産する。また、泥質岩起源のホルンフェルスや角閃岩相程度の広域変成岩中にも産する。英名はアンデス山脈に由来するが、そこの安山岩を構成する主要な長石が中性長石である。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中性長石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中性長石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation