@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中性【チュウセイ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐せい【中性】
対立する二つの性質のどちらにも属さない中間の性質。
男性とも女性ともつかない性的状態。また、そのような人。「中性的な魅力の女優」
物質が酸性でもアルカリ性でもない性質を示すこと。水溶液中では水素イオン指数pHが7あたりのときをいい、青色リトマス赤色リトマスも変色しない。
素粒子原子などが、電荷の電荷もびていない状態であること。電気的中
インド‐ヨーロッパ語などで、文法上の性の区分の一。男性にも女性にも属さないもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

中性
溶液が酸性でもアルカリ性でもない時に用いる語である.中性岩(intermediate)のこと[Abich : 1841, Beaumont : 1847].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうせい【中性】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうせい【中性】
中間の性質。
性的特徴の現れ方が弱い男性あるいは女性。
酸性も塩基性も示さないこと。水溶液では水素イオンと水酸化物イオンが等しい濃度で存在し、pH は七となる。
全体として正の電荷も負の電荷も帯びていないこと。
文法上の性の一。男性・女性に対するもの。 →
間性かんせいに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐せい【中性】
〘名〙
① 相対立する二つ、または二群の性質のどちらにも属さない両者の中間の性質。中間性。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
② 男性とも女性ともつかない性的状態。
※お目出たき人(1911)〈武者小路実篤〉一「その女は純粋の女ではなく中性である」
③ 化学で、互いに相反する性質または状態の中間をさす語。普通には物質の性質が酸性と塩基性のいずれにも属さない、pH が七の状態にあることをいう。また、素粒子・原子などが陰にも陽にも帯電していない状態についてもいう。中性子・中性原子など。
※舎密開宗(1837‐47)内「又云剥篤亜斯の酸液に飽くは五十五を中度とす蓋し亜斯。百分は酸液五十五分に飽て中性を得るの謂なり」
④ 印欧語の文法で、名詞・代名詞などの性の区別の一つ。男性・女性に対していう。〔日本文典(1876)〕
⑤ 個体の雌雄性が自明な生物の種集団で、ある個体に雌雄の生殖器官が混在するか、第二次性徴を特徴づける雌雄の両形質が混在するか、または雌雄の判別が不能な状態を示す場合をいう。間性(かんせい)
※博物学階梯(1877)〈中川重麗訳〉「此族は雌雄の外に中性のものあり。中性とは男に非す又女に非ず、一種無性の虫なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation