@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中日【チュウニチ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐にち【中日】
ある期間のまんなかにあたる日。なかび。「芝居の中日
春・秋の彼岸7日間の、まんなかの日。春分秋分の日。彼岸の中日。
中国と日本。また、中国語と日本語。「中日辞典」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐び【中日】
一定期間のまんなかにあたる日。ちゅうにち。「彼岸の中日
芝居・寄席・相撲などで、興行期間のまんなかの日。
中日祝儀」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐にち【中日】
[1] 〘名〙
① ある日数の中の、まんなかの日。なかび。「芝居の中日」
② 仏語。彼岸七日間のまん中の日、すなわち春分・秋分の日。彼岸の中日。七日間のうち、この日最も盛んに法会を行なう。《季・春》
※謡曲・弱法師(1429頃)「ことさら今日は中日にて候ふほどに、日想観をも拝まんとて」
[2] 中国と日本。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐び【中日】
〘名〙
① 一定の期間のまんなかにあたる日。ちゅうにち。
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉三「首相邸の文士招待会かね、ハア、僕も行きました。即ち中日(ナカビ)の十八日」
② 演劇、相撲などの興行期間のまんなかにあたる日。また、歌舞伎で、この日に幹部俳優が楽屋の者などに祝儀を出す習慣があるところから、祝儀をいう。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉一「毎夜客止の賑ひで、中日から昼席をも企てられた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中日
ちゅうにち

彼岸

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation