@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中書省【ちゅうしょしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中書省
ちゅうしょしょう
Zhong-shu-sheng; Chung-shu-shêng
中国,中世中央官庁から元にかけて宰相の府であった。前漢時代の文書を扱う中書謁者の官名に由来する。天子の秘書役から枢機を握るようになり,三国で中書がおかれ,詔勅起草にあたった。は避諱 (ひき) により内史と改称したが唐で復旧し,門下省尚書省鼎立,長官の中書令2名は宰相に列し,数名の中書舎人が勅文を執筆した。8世紀には中書,門下両省が共同の官庁にまとまり政策決定の中枢となり,宋代は同中書門下平章事が宰相として実権をもった。元代に門下省が廃され中書が全権を握り,地方に出張機関の行中書省をおいた。明初に中書省は廃止され,皇帝行政を司る六部に直接する体制に変った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうしょ‐しょう〔‐シャウ〕【中書省】
中国の中央官庁。時代に設置され、初に廃止。
中務省(なかつかさしょう)唐名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうしょしょう【中書省】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうしょしょう【中書省】
中国の中央官庁名。三国時代の魏に始まり、唐代に三省の一として制度的に確立。詔勅の立案起草をつかさどった。元では最高行政機関。明初に廃された。
中務省の唐名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうしょ‐しょう ‥シャウ【中書省】
〘名〙
① 中務省(なかつかさしょう)の唐名。
※職原鈔(1340)上「中務省〈当唐中書省、又号鳳閣〉」
② 中国の中央官庁。魏晉時代に始まり、機能・職掌は時代により異なる。唐代では、尚書・門下と共に三省の一つで、詔勅の起草などをつかさどった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

中書省
ちゅうしょしょう
中国の官制
三国時代の魏で創設された。詔命・行政を司る最高官庁で,唐では門下省・尚書省とともに三省と呼ばれ,宋では名目だけとなった。しかし,元では再び政府の中心的機関となり,地方には行中書省(行省)が設けられて,地方行政の大幅な権限が与えられた。明初の胡藍 (こらん) ので廃止。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中書省
ちゅうしょしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中書省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中書省の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation