@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中村【なかむら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中村
なかむら
高知県南西部,四万十市南部の旧市域。四万十川下流域,中村平野東部にある。 1954年中村町下田町の2町と東山村など9村が合体して市制。 2005年西土佐村と合体して四万十市となる。交通の要地で,農林産物を集散,下田港 (→下田 ) から積み出す。中心市街地は応仁の乱 (1467~77) を避けて京都から下向した一条教房の開府により発達。碁盤目状の街路や大文字焼きなどに名残りがみられる。平野部では米,野菜,イグサ果樹を栽培。四万十川ではアユなどの養殖漁業が行なわれる。八束のクサマルハチ自生地は国の天然記念物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村
なかむら
福島県北東部,相馬市の中心市街地。慶長16(1611)年相馬氏仙台藩に対抗して,南方小高城より居城を移転,以来中村城(馬陵城)の城下町として発展。相馬地方の行政の中心をなす。繊維電機精密機械などの工場があり,相馬駒焼を特産相馬中村神社相馬野馬追いは有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかむら【中村】[高知県の旧市名]
高知県南西部、四万十(しまんと)川下流にあった市。応仁2年(1468)一条教房(いちじょうのりふさ)が土佐国司として居を構えた地。米・イグサの産地。平成17年(2005)西土佐村と合併し四万十市となる。→四万十

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかむら【中村】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかむら【中村】[名古屋市の区]
名古屋市の区名。豊臣秀吉の生地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかむら【中村】
陸奥国宇多郡の城下町で,現在は福島県相馬市(1954市制)の中心地区をなす。《和名抄》に宇多郡仲村郷があり,801年(延暦20)坂上田村麻呂が蝦夷出兵のとき,西館(現在の中村城跡の西部一帯)に菅原啓実が館を構えていたと伝えられる。その後1323年(元亨3)相馬重胤が,下総国から行方(なめかた)郡太田(現,原町市太田)に移って当地をおさめた。その後,1611年(慶長16)7月相馬利胤のとき,幕府から所領を安堵されたこともあって,木幡勘解由長清に命じて築城を開始し,11月に完成,12月2日小高城より移って,相馬氏代々の拠城とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なかむら【中村】
高知県南西部、四万十しまんと市の地名。中世以降、土佐国西部の中心。イグサ・ナシ・パルプ材などの農林産物の集散地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかむら【中村】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかむら【中村】
[1]
[一] 愛知県名古屋市の行政区の一つ。JR東海・名古屋鉄道・近畿日本鉄道・地下鉄の名古屋駅があり、名古屋市の玄関口として都心部の一部を形成。豊臣秀吉の生地で、豊国神社がある。
[二] 高知県南西部、四万十市の地名。旧市名。四万十(しまんと)川の下流域に発達。中世、幡多本庄と呼ばれ、一条氏が国司として土佐国を統治した地。木材加工、醸造などの工業が行なわれる。土佐くろしお鉄道が通じる。昭和二九年(一九五四)市制。平成一七年(二〇〇五)西土佐村と合併して四万十市となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中村の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation