@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中条【なかじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中条
なかじょう
新潟県北部,胎内市北西部の旧町域。新潟平野北部に位置する。 1889年町制。 1956年乙村と合体。 1967年築地村を編入。 2005年黒川村と合体して胎内市となった。中心集落の中条は胎内川扇状地に発達。中世から奥山荘の中心地で,近世には米沢街道宿場町となり,以来商工業の町として繁栄。工業は酸性白土を原料とした化学工場と電機工場のほか,1956年以来海岸砂丘の天然ガス田を開発して,ガス化学コンビナートを形成,1962年低開発地域工業開発地区に指定された。農業は,米作のほか根菜類や果樹の栽培が行なわれる。胎内二王子県立自然公園に属し,鳥坂城 (とっさかじょう) 跡,名刹乙宝寺 (三重塔は国指定重要文化財) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中条
なかじょう
長野県北部,長野市西部の旧村域。筑摩山地の北部に位置する。1955年栄村と日里村の一部が合体して成立。2010年長野市に編入。犀川の支流土尻川の谷にまたがり,平地は少ない。長野市街地への通勤圏となり,専業農家の数は激減した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

中条
長野県長野市にある。主要地方道長野大町線に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかじょう【中条】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうじょう【中条】
「中条流」の略。また中条流の医者。 -はむごつたらしい蔵をたて/柳多留 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐じょう ‥デウ【中条】
〘名〙 中条流②のこと。また、中条流の堕胎医。
※雑俳・裏若葉(1732)「已でに我仲条が手にかかるはづ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅうじょう チュウデウ【中条】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐じょう ‥デウ【中条】
※雑俳・誹風花の咲かほ「はりかたがないとなかでうまだはやり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中条」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中条の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation