@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中核派【ちゅうかくは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中核派
ちゅうかくは
新左翼の二大党派の一つ。革命的共産主義者同盟(革共同)全国委員会と,その下部組織のマルクス主義学生同盟(マル学同)・中核派の通称。労働者組織はマルクス主義青年労働者同盟。マルクス・レーニン主義を信奉する。1957年に結成された日本トロツキスト連盟(のちに革命的共産主義者同盟〈革共同〉に改称)が母体で,1958年の第1次分裂でトロツキスト同志会が,翌1959年には革共同全国委員会が誕生(第2次分裂)した。1963年に革共同全国委員会の黒田寛一議長と本多延嘉書記長が路線対立から分裂し,黒田が分派して革マル派を,本多が中核派を結成した(第3次分裂)。ともに世界革命を目指すが,中核派が大衆運動を重視するのに対し,革マル派は思想学習や組織論を重視し,ことごとく対立している。1970年に両派の内ゲバで革マル派の大学生が殺され,以後武装抗争がエスカレート,1975年には本多書記長殺害事件が起こった。1966年社会主義学生同盟(社学同),社青同解放派と三派全学連を結成(→全日本学生自治会総連合)。過激な闘争形態をとり,ベトナム戦争反対闘争,安保闘争(1970。→安保改定問題),沖縄返還闘争などを展開した。拠点は前進社。(→ニュー・レフト

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうかくは【中核派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

中核派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中核派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation