@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中江【ナカエ】

デジタル大辞泉

なかえ【中江】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中江
ちゅうこう / チュンカン

北朝鮮、慈江道北端の中江郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。鴨緑江(おうりょくこう)上流の氾濫(はんらん)原に発達した邑で、木材を運搬する筏(いかだ)の係留地。原木の伐採、製材業も行われている。北朝鮮の最寒地で零下43.6℃(1933)の記録がある。月平均気温は1月零下20.5℃、7月22.6℃。中江の10キロメートル東方上流には玄武岩のテーブル状の地形であるメサがあり、烏首徳(うしゅとく)と対岸の中国側には噴出岩の大河食崖(がい)である葛田(かつでん)峡がある。

[魚 塘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかえ【中江】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation