@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中津川【なかつがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中津川
なかつがわ
神奈川県の中部を流れる川。相模川支流全長 33km。上流丹沢山地南東部のヤビツ峠付近に発する布川で,北流して蛭ヶ岳に発する早戸川を合せる。愛川町からは南東流して山地を出,厚木市の市街地北方で相模川に合流する。上流域は丹沢山地の主峰群で,ニホンカモシカの生息地がある。早戸川との合流点付近には中津渓谷があり景勝地として知られていたが 1996年宮ヶ瀬ダムの建設により大部分が水没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中津川
なかつがわ
群馬県北西部に発し北流する信濃川の支流。全長約 43km。上流域は長野県に属する秋山 (温泉) 山村で,新潟県津南町で信濃川に合流する。水源野反湖ダムをはじめ,水力発電によく利用され,農業用水としても利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかつがわ〔なかつがは〕【中津川】
岐阜県南東部の市。木曽谷の出入り口にあたり、中山道宿場町として発展。製紙・電機工業が盛ん。平成17年(2005)2月に恵那郡北部の6町村と長野県山口村を編入。人口8.1万(2010)。→島崎藤村

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかつがわ【中津川】
埼玉県秩父郡大滝村を流れる荒川上流部の一支流。長野県南佐久郡川上村とのに源を発し,大滝村落合で荒川に合流する。幹川流路延長28km,流域面積114km2。全流程が山間地にあり,集落は河岸のわずかな平地段丘緩斜面に限られるが,川沿いには落合より上流へ中津川までバスが通じ,さらに長野県とは中津川林道で結ばれている。流路中ほどの中津川~塩沢間約9kmは中津峡として知られる。その下流の十々六木(とどろき)には滝沢ダムの建設がすすめられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

中津川
(岐阜県中津川市)
中山道六十九次指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかつ‐がわ ‥がは【中津川】
[一] もと淀川下流の分流の一つ。大阪湾に注ぐ河口は伝法口と呼ばれた。明治二九年(一八九六)の改修工事後、新淀川となり、下流の一部は正蓮寺川として残る。長柄(ながら)川。
[二] 神奈川県中央部を流れる相模川の支流。丹沢山地ヤビツ峠付近に発し、厚木市で相模川に合流。上流に渓谷美で知られる中津渓谷がある。
[三] 岐阜県南東部の地名。木曾川の中流域にある。江戸時代は中山道の落合と大井の間にあった宿駅、市場町として発展。電機・製紙・木工などの工場のある商工業都市。昭和二七年(一九五二)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中津川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中津川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation