@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中石器時代【ちゅうせっきじだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中石器時代
ちゅうせっきじだい
Mesolithic age
考古学における年代区分の一つ。完新世初頭,旧石器時代新石器時代中間の文化期で,氷河期が終り,従来の更新世から環境が一変したこの時期に,人類弓矢考案,漁労技術の開発などにより,それぞれの環境で種々の適応をして,地方色豊かな文化を形成した。西南アジアの諸文化,パレスチナのナトゥフ文化などもこの時期にあたるが,新石器文化の萌芽を示しており,一般にはヨーロッパの西・北部の文化が典型とされている。特徴的なものとして種々の細石器がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうせっき‐じだい〔チユウセキキ‐〕【中石器時代】
食料採集を生活の基盤とする完新世初頭の時代。そのころの文化を中石器文化という。日本では縄文時代の一部に相当するという説もある。→石器時代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうせっきじだい【中石器時代 Mesolithic】
石器時代を3区分した際に,より古い旧石器時代と,より新しい新石器時代の中間に設定された時代名。1865年にJ.ラボックが,旧石器時代と新石器時代の2時期に石器時代を細分したのち,翌66年にウェストロップH.Westroppが小型の打製石器の時代として,中石器時代を加えたのが最初である。その後,モルガンJ.de Morganによって,明確な時代概念が与えられた。典型的な形でみられるのはヨーロッパとオリエント地域であるが,世界的な石器の小型化や水産資源の利用の拡大を一つの流れとみなし,必ずしも同一の内容をもつわけではないが,中石器時代という区分がその他の地域でも用いられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中石器時代
ちゅうせっきじだい
Mesolithic Age 英語
Mesolithikum ドイツ語

石器時代を三分した場合、旧石器時代と新石器時代の中間に位置する時代のこと。旧石器時代と新石器時代という時代の設定は、1865年、イギリスのラボック(1834―1913)によってなされたが、遺物のうえで両者は直結せず、この溝渠(こうきょ)を説明するために種々の仮説が提出された(いわゆる溝渠(ハエイタス)問題)。19世紀の末葉になると、この溝渠を満たすような石器もヨーロッパや北アフリカの各地で発見されるようになった。そこで1909年、フランスのドゥ・モルガン(1857―1924)は、この中間的、過渡的遺物の所属する時代を中石器時代とよぶことを提案した。Mesolithicの語は、ギリシア語のmesos(中間の)とlithos(石)からつくられたことばである。しかしこの時代概念の設定には、初めから強い反対意見があった。反対したのは有力な学者たちであって、彼らは大きな相違のあるのはむしろ旧石器時代の前期と後期の間であり、この後期と中石器時代の文化は基本的な相違はないと主張した。そこでフランスのブルイユ(1877―1961)は、いわゆる旧石器時代前期のみを旧石器時代とよび、これまでの旧石器時代後期と過渡的な時代(いわゆる中石器時代)とをあわせて小石器時代Leptolithiqueと称したが、後者はギリシア語のleptos(小さい、精巧な)とlithosとの合成語であって、旧石器時代後期以降の石器が小形化していることに基づいている。また、オーストリアのメンギーン(1888―1973)は、これまでの旧石器時代前期を原石器時代Protolithikum、そして同後期と過渡期とをあわせて亜石器時代Miolithikumとよんだ。後者は、ギリシア語のmeion(より少ない)とlithosとの合成語であった。このような反駁(はんばく)にあい、「中石器時代」という概念は学界全般には普及しなかった。

 およそ石器時代は、石器の磨製法の有無によって旧石器時代と新石器時代とに区分されている。いわゆる中石器時代にはまだ磨製法は考案されていなかったから、旧石器時代と中石器時代とは基本的には同一時代であって、それはあわせて一つの時代として新石器時代に対立するものと理解されるべきである。その意味では、中石器時代という時代概念の成立根拠は薄弱とみなされる。フランスには、中石器時代の語を認めず、かわりにEpipaléolithique(晩期旧石器時代)の語を使用する学者も少なくない。現在、中石器時代という語が使われているのは、主としてイギリス、北ヨーロッパ諸国や旧ソ連である。このように使用される場合も、ユーラシア大陸や北アフリカに限られている。内陸アフリカを研究する考古学者たちは、石器時代を三分し、真ん中の時代をMiddle Stone Ageとよんでいるが、これは中石器時代とは内容を異にする中間石器時代の義であり、かれこれ混同せぬことが必要である。

[角田文衛]

中石器時代の概観

いま反対論者の意見をかたわらに置いて中石器時代の概要を述べると、第一に強調されるのは、それが主として解氷期に該当すること、ならびに当時の人々の生活が獲得経済(狩猟、漁労、植物採集)に依存していたことである。この時代の遺物は、ヨーロッパ(極北地帯を除く)、北アフリカ、西南アジア、部分的にはインド、パキスタン、内モンゴル、日本などにも分布しており、これに比定される多数の文化が各地で設定されている。アジール文化、タルドノワ文化、カプサ文化、マグレモーゼ文化、クンダ文化、エルテベーレ文化などは代表的な中石器文化といえよう。

[角田文衛]

精器文化

石器の型式のうえからみると、現在知られている多数の中石器諸文化は、〔1〕精器文化(または広義の細石器文化)と、〔2〕粗器文化とに大別される。主流をなした精器文化は、細石器microlithをもって特色としている。これは単に細小な石器をいうのではなく、一定の形態を予想して石核から剥取(はくしゅ)された小さい石刃(せきじん)や剥片をそのまま、あるいは側縁だけにわずかに修正を施した石器を意味している。もっとも特徴的な細石器は、細彫器microburinや梯形(ていけい)の石刃などである。精器文化の特色は、(1)細彫器を含めてさまざまな細石器が使用されたこと、(2)狩猟は、個人狩猟が主で、弓矢や投げ槍(やり)がおもな猟具であったこと、(3)漁労は、銛(もり)で行われたが、やがて釣り針や漁網が発明されたこと、(4)貝類の捕食も盛んであって、ときとしては住居の近くに貝塚を残したこと、(5)植物の球根や野生の穀草からとった穀物を食糧としたこと、(6)狩猟の効果をあげるため、イヌが家畜化されたこと、(7)遺跡によって量に差異はあるが、骨角器の使用も盛んであり、骨角や貝殻を用いたさまざまな装身具もつくられたことなどである。細石器は柄に着装して、あるいは棒の側縁に列をなしてはめ込んで使用された。

[角田文衛]

粗器文化

粗器文化のほうは、旧石器文化的な伝統の強い停滞的な文化であって、ヨーロッパの西部や北東部に存在した。フランスのカンピニー文化はその代表的な例である。粗製の石鍬(いしくわ)や鶴嘴斧(つるはしおの)が特徴であるが、これらは植物の採集や栽培に用いられた。

 中石器文化は、解氷期という地形や気候の変化の多い時代に行われた。この厳しい環境のなかで生き抜いたため、人々はみごとな美術を育成するだけの余裕に欠けていた。スペイン東部の岩壁画は著名であるが、彫像などはみるべきものはない。停滞的な中石器文化(たとえばデンマークのエルテベーレ文化)では土器が使用されたが、これは南東から伝播(でんぱ)した新石器文化の影響によるものであろう。

[角田文衛]

新石器時代への移行

同じく精器文化といっても、そこには先進的と後進的との区別があった。もっとも先進的な精器文化は、イラン西部、イラク北部、アナトリア南東部、シリア、パレスチナなどにみられた。ナトゥーフ文化(シリア)やパレガウラ文化(イラク)などの名はよく知られている。この方面では、紀元前9000年ごろに石器の磨製法が考案され、またほとんど時を同じくして穀草の栽培(農耕)とヒツジ・ヤギの飼育(牧畜)が始まり、また製陶術が開発された。いわゆる「新石器革命」neolithic revolutionである。しかし後進的な地域では、中石器文化は、前3000年ころまで、所によってはさらに長く停滞した。

 中石器時代には、旧石器時代後期のような優れた芸術は育たなかった。石器も骨角器も、材料の節約が図られ、作りも精巧ではなかった。しかし新しい環境に必死の姿勢で適応しようとして試みた努力は、生産経済による文化、生活の一大躍進を招き、そこに中石器時代の文化の世界史的意義がみいだされるのである。

[角田文衛]

『G. ClarkWorld Prehistory, 3rd ed. (1977, Cambridge)』『T. Champion and othersPrehistoric Europe (1984. London)』『K. J. Narr (hrsg.)Handbuch der Urgeschichte I Ältere und Mittlere Steinzeit (1966. Bern und München)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうせっき‐じだい チュウセキキ‥【中石器時代】
〘名〙 旧石器時代と新石器時代の中間の時代。打製石器をもち、末期に祖原的な磨製石器や土器があらわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

中石器時代
ちゅうせっきじだい
Mesolithic Age
旧石器時代と新石器時代の過渡期で,前1万年ごろから前4000年ごろまで
氷河期が終わって(完新世),気候が温暖となり,人類は低地林間空き地海岸)へ移動した。石器は大部分まだ打製であるが,細石器や骨角器も進歩し,土器や磨製 (ませい) 石器の製作が始まり,新石器時代における食糧生産(農耕牧畜)の準備期にはいった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

中石器時代
ちゅうせっきじだい
旧石器時代から新石器時代への過渡期中間の文化段階
完新世初めにあたり,細石器や土器が現れ始める。日本の先土器文化末期の細石器文化や縄文文化早期に,中石器時代的様相を指摘する学者もいる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中石器時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中石器時代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation