@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中立進化説【ちゅうりつしんかせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中立進化説
ちゅうりつしんかせつ
neutral evolution theory
分子レベルでの進化における学説の一つ。中立説ともいい,またやや不正確であるが,非ダーウィン的進化ともいわれる。蛋白質の一次構造,すなわちアミノ酸の並び順のうち一部分は,遺伝暗号の突然変異によって他の種類のアミノ酸へと変化したとき,自然選択に関して特に有利でも不利でもなく,そのまま変異として残り,こうした変異が蓄積して進化が進行するという見方。木村資生と太田朋子 (1968) および J.キングと T.ジュークス (69) により提唱され,その後ことに木村の学派によって,より深く論じられてきている。この理論の特徴は,ネオダーウィニズム進化論の一部分にみられる選択的価値への極度のこだわりから脱却して,許容可能な変異の範囲を大幅に広げて考える点にある。ただしこの考え方は,蛋白質分子のレベルでの変異に限っていえることであり,古典的な形態的形質など,高次レベルの形質については,現象のレベルが違うので,説をあてはめてみることはできない。また中立進化説は,蛋白質のレベルでの突然変異にしても明らかに有利・不利の差を生じる場合には,それが選択対象にならないというのではない。ただ有利とも不利ともいえない,生残り価値に関して「中立」な突然変異の生起率が,在来考えられがちだったように,ゼロに等しいほどわずかではないと指摘しているのであり,分子レベルにおけるダーウィン的選択観の否定でなく,その補足あるいは拡大とみるべきである。同種生物の同一酵素蛋白質の一次構造の一部分に,多様な変異の認められることがあるというような例は,中立進化の機構が実際に行われていることの証拠の一つとみなされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

中立進化説
中立説」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ちゅうりつしんか‐せつ〔チユウリツシンクワ‐〕【中立進化説】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中立進化説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中立進化説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation