@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中腎【ちゅうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中腎
ちゅうじん
mesonephros; mid-kidney
ウォルフ体,原腎ともいう。脊椎動物の泌尿器系のうち,発生的にみて前腎の次に現れる器官魚類両生類大部分では前に代って中腎が成体腎臓として働き,爬虫類鳥類哺乳類では発生の途中で退化し,のち後腎に代る。ヒトの場合前腎から変性し,ウォルフ管に開口する尿細管からでき,成長する間に糸球管と集合管を包括し,集合管の一部は,男性性器のなかの副睾丸の輸出管と迷走小管となり,女性性器のなかでは,ゲルトネル管,副卵巣,卵巣傍体として残る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐じん【中腎】
脊椎動物個体発生過程前腎に次いで現れる排泄器官。魚・両生類では腎臓として働き、爬虫(はちゅう)類・鳥類・哺乳類では退化する。ウォルフ体。原腎。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうじん【中腎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中腎
ちゅうじん

円口類のヤツメウナギ、魚類、両生類の成体がもつ排出器官をいう。ウォルフ体、原腎ともよばれる。脊椎(せきつい)動物は発生の過程で前腎を生じるが、前記の動物および羊膜類に属する爬虫(はちゅう)類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類ともに前腎のあとに中腎が生じてくる。羊膜類ではさらに後腎が生じ、中腎にとってかわって機能する。無羊膜類の中腎輸管は雄では精巣と連絡していて尿も精子も運ぶ管として機能する。羊膜類では中腎輸管から分かれて生じた後腎輸管が尿を運び、本来の中腎輸管は中腎退化後も残って輸精管として働く。

[菊山 栄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐じん【中腎】
〘名〙 泌尿排出器官の一つ。下等脊椎動物の泌尿排出器官で、中胚葉の腎節に由来。個体発生時に前腎に次いで現われる器官で、前腎の後方にある腎。前腎と異なりボーマン嚢を形成。爬虫類、鳥類、哺乳類では退化し後腎が排出器官となる。ウォルフ体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中腎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中腎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation