@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中腹【チュウフク】

デジタル大辞泉

ちゅう‐ふく【中腹】
山の、頂上とのまんなかあたり。山腹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうふく【中腹】
山のふもとと頂上との中間。山腹。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうっ‐ぱら【中腹】
〘名〙
① (形動) 心中で怒ってむかむかしていること。心の中の怒りを発散させないために中途半端な気分であること。また、そのさま。むかっぱら。ちゅうはら。
※洒落本・甲駅雪折笹(1803)一「ふられた夜半(よわ)の中っぱらには、もてた座鋪のひそひそ声耳にこたへ」
② (形動) 気みじかで威勢のよいことや、そのさま。また、そのことばや行動やそういう人。短気。勇みはだ。ちゅうはら。
※黄表紙・人間万事塞翁馬(1800)「ちうっぱらを云アがったとて何と思ふ者か」
③ 中ほど。真中あたり。中間。
※土(1910)〈長塚節〉二〇「田の畦豆(くろまめ)引っこ抜えて土手の中(チウ)っ腹(パラ)へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐はら【中腹】
〘名〙 (形動) (「ちゅうばら」とも)
※洒落本・虚実柳巷方言(1794)中「粋言〈略〉中腹(チウハラ)
※洒落本・太平楽記文(1784)「あいつはの、ごうてきにつよいわな。かしらかまへの五十五かんちうばらにかるくかつぐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐ふく【中腹】
〘名〙 山の頂上とふもととの中間。山腹。
※洒落本・大抵御覧(1779)「山の中腹(チウフク)をめぐるを中道(ちうとう)といふ」 〔晁補之‐坐進庵賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中腹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中腹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation