@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中華【チュウカ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐か〔‐クワ〕【中華】
中国人が自国をよぶときの美称漢民族自己を世界の中心とする意識表現周囲蛮族東夷(とうい)西戎(せいじゅう)南蛮(なんばん)北狄(ほくてき))に対しての称。中夏。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐か ‥クヮ【中華】
〘名〙
① (「華」は文化が進んでいるの義) 世界の中央にあって最も文化の進んでいる国の意。特に、黄河流域に古代文明を築いた漢民族が周辺諸民族を東夷(とうい)・西戎(せいじゅう)・南蛮(なんばん)・北狄(ほくてき)と呼ぶのに対して、自らを世界の中央にあって最も開化している民族であると自負していった語。また、その居住する地域。中国。中夏。
※本朝麗藻(1010か)下・和高礼部再夢唐故白太保之作〈具平親王〉「中華変雅人相慣、季頽風体未訛」 〔蜀志注‐諸葛亮伝〕
※汚れた英雄 黄金篇(1968)〈大藪春彦〉再会「まだ、一度も本式の中華を食べたことがないの」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「南京桜に水仙巻、ちうか、いが餠うぐひすもち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中華」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中華の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation