@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中軸【チュウジク】

デジタル大辞泉

ちゅう‐じく〔‐ヂク〕【中軸】
物の中心を貫く軸。
物事の中心となる大切な事柄。また、そのような人物。「委員会の中軸」「中軸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐じく〔‐ヂク〕【中軸】
歌舞伎俳優の一座における位置を示す語。看板番付の中央に名前を書き、多くは第三位の者。中筆(なかふで)。ちゅうじく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかじく【中軸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうじく【中軸】
物の中心を貫く軸。
活動の中心。また、中心となる人。中核。 -打者なかじく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかじく【中軸】
番付の中ほどに筆太でまたは前後に間隔をおいて名前が書かれる歌舞伎役者。座頭ざがしらに匹敵する技量や家柄の俳優が占める。中筆なかふで。 → 書き出し留め筆

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐じく ‥ヂク【中軸】
〘名〙
① 物の中央を貫く軸。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「水岸に臥輪の水車を施し、其中軸より巨を繋ぎて」
② 物事の中心となるたいせつな事柄。また、そのような人物。
※文学・形式問答(1927)〈谷川徹三〉「芸術家が芸術家である限り、彼は芸術家としての活動を中軸とする」
③ 相撲の番付で、幕内の中ほどの位置。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉果敢ない力士の栄枯盛衰「力が衰へて負が込めば、大関に手の届きかけた有望力士も忽ち中軸(チウヂク)に下り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐じく ‥ヂク【中軸】
〘名〙 歌舞伎俳優の一座における位置を示す語。看板、番付の中央に据え、留筆(とめふで)の座頭や、二位の書き出しに匹敵する位置。中筆(なかふで)。ちゅうじく。
※楽屋図会拾遺(1802)上「若女形は矢倉下三まいをよしとする。書始(いちふて)。中(ナカジク)。留筆(とめふで)なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中軸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中軸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation