@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中辺路【なかへち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中辺路
なかへち
和歌山県中南部,田辺市中部の旧町域。富田川日置川の上流域にある。 1956年二川村,近野村,栗栖川村の3村と富里村の一部が合体して町制。 2005年田辺市,龍神村,大塔村,本宮町の4市町村と合体して田辺市となった。熊野街道中辺路に沿い,地名もこれに由来。平安時代は熊野参詣路の中心であった。江戸時代は野中近露,高原に紀州藩伝馬所が置かれていた。現在,往古の中辺路に平行して国道 311号線が走るが,古道は「歴史の道」として整備されている。農林業を主とし,養鶏,施設園芸が行なわれる。中心集落の栗栖川には縫製木工などの工場もある。南西部に栗栖川亀甲石包含層 (国の天然記念物) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中辺路
なかへち
和歌山県南部の道路。熊野街道紀伊路の一部。田辺市から海岸に沿う大辺路と分れ,紀伊山地を越えて熊野三山へ通じる参詣路で,本宮までは国道 311号線にほぼ相当する。古くから熊野街道の本通りとされ,沿道には王子社がまつられ,紀州藩の伝馬所もおかれていた。本宮と新宮および那智大社の間は小雲取・大雲取越の山道をたどるか,熊野川水運を利用するかした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかへじ【中辺路】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中辺路
なかへち

和歌山県南部、西牟婁郡(にしむろぐん)にあった旧町名(中辺路町(ちょう))。現在は田辺市(たなべし)の中部を占める地域。旧中辺路町は、1956年(昭和31)栗栖川(くりすがわ)、近野(ちかの)、二川(ふたかわ)の3村が合併、町制を施行して成立。2005年(平成17)本宮(ほんぐう)町、龍神(りゅうじん)、大塔(おおとう)2村とともに田辺市に合併。熊野(くまの)街道中辺路が通り、これを町名とした。逢阪(おうさか)(大坂)峠を挟んで富田(とんだ)川と日置(ひき)川上流を占める山村。古道に沿って滝尻(たきじり)、継桜(つぎざくら)など11の王子社跡があり、高原、近露(ちかつゆ)、野中には紀伊藩の伝馬(てんま)所が置かれていた。古道は国道311号となり、逢阪峠はトンネルで越える。そのほか、南北に国道371号が走る。林業とシイタケ栽培などを行う。野中の継桜王子社の獅子舞(ししまい)(1月3日・11月3日)は県指定無形民俗文化財。なお、熊野古道中辺路は2004年に「紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」として世界文化遺産に登録された。

[小池洋一]

『『中辺路町誌』全3巻(1988~1992・中辺路町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

なかへち【中辺路】

熊野参詣道(くまのさんけいみち)

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中辺路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中辺路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation