@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中込【なかごみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中込
なかごみ
長野県東部,佐久市の中心市街地の1つ。旧町名。 1961年近隣町村と合体して佐久市となる。千曲川右岸にあり,近世末から佐久甲州街道と富岡街道 (下仁田街道) の分岐点,千曲川の渡船場として集落が形成された。地名由来は,千曲川の支流がこの地で再び本流に「流れ込む」ことからついたと思われる。 1915年佐久鉄道 (現 JR小海線) の中込駅がおかれ,旧中込町の中心地として発展。商店街は千曲川左岸の野沢と連続している。旧中込学校校舎は重要文化財・史跡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中込
なかごみ
長野県東部、佐久市(さくし)の中心地区。旧中込町。群馬県富岡(とみおか)方面と結ぶ富岡街道(国道254号)と佐久甲州街道(国道141号)との交点に発達した地。旧中込学校は1875年(明治8)建築の洋式建造物(国の重要文化財)で、一帯は国の史跡に指定されている。[小林寛義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中込」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中込の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation