@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中野好夫【なかのよしお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中野好夫
なかのよしお
[生]1903.8.2. 愛媛
[没]1985.2.20. 東京
評論家,英文学者。東京大学卒業後,中学,師範学校の教師を経て,1935年東大助教授,48年教授。 53年,研究に専念できる経済的処遇を与えられていないという理由で,大学を辞職。型破りな行動が話題となる。同年雑誌『平和』の編集長となり,自由な評論活動に入る。その活動の背景には専門の英文学と西欧理解に基づく合理主義があり,原水爆禁止,反安保,革新都政など,戦後民主主義運動のすべてにかかわることとなった。代表作『アラビアのロレンス』 (1940) ,『文学試論集』 (43) ,『蘆花徳冨健次郎』 (72~74,大仏次郎賞) など。また,シェークスピアモームの諸作品,ギボンの『ローマ帝国衰亡史』 (10巻予定のうち4巻,76~85) などのすぐれた翻訳がある。ほかに『中野好夫集』 (11巻,84~85) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかの‐よしお〔‐よしを〕【中野好夫】
[1903~1985]英文学者・評論家。愛媛の生まれ。シェークスピアスウィフトモームらの研究で知られ、また、ジャーナリズム健筆を振るった。著「アラビアのロレンス」「蘆花徳冨健次郎」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中野好夫 なかの-よしお
1903-1985 昭和時代の英文学者,評論家。
明治36年8月2日生まれ。昭和23年東大教授。シェークスピア,スウィフト,モームの翻訳で知られる。28年教授を辞職,幅ひろい視野から社会批評を展開し,憲法擁護,反安保,反核,沖縄返還などの運動につくした。49年「蘆花(ろか)徳冨健次郎」で大仏次郎賞。57年朝日賞。昭和60年2月20日死去。81歳。愛媛県出身。東京帝大卒。評伝に「アラビアのロレンス」,訳書に「ガリヴァ旅行記」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なかのよしお【中野好夫】
1903‐85(明治36‐昭和60)
昭和期の評論家,英文学者,平和運動にも貢献。愛媛県松山市生れ。1926年東大英文科卒業。中学教師などを経て35年東大助教授,48年教授に就任。敗戦直後みずから〈戦犯第1号〉を名のり,以後一貫して民主主義と平和のために,〈知こそ力〉という姿勢を律義に貫いた。53年〈官学〉を辞し,著作活動に専念する。著作は多岐にわたり,モームの《雨》,シェークスピアの《ベニスの商人》など精細な原文分析による達意の翻訳をはじめ,専門の《シェイクスピアの面白さ》(1967),《スウィフト考》(1969),また人間の内面への飽くなき好奇心と歴史への関心に支えられた《アラビアのロレンス》(1940),《蘆花徳冨健次郎》(全3冊,1972‐74)などの評伝は,伝記文学に新生面を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なかのよしお【中野好夫】
1903~1985 評論家・英文学者。松山市生まれ。東大教授。シェークスピア、スウィフトなどの達意の翻訳をなす一方、平和問題に市民の立場から積極的にかかわった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中野好夫
なかのよしお
(1903―1985)
英文学者、評論家。愛媛県松山市生まれ。東京帝国大学英文科卒業。1948年(昭和23)東大教授。シェークスピア、スウィフト、モームらの研究で知られる。53年東大教授を辞任、雑誌『平和』の編集長として活躍。リベラルな幅広い視野にたつ硬骨の言動で、護憲運動、沖縄問題、60年安保反対運動などに尽力。『文学試論集』全三冊(1942~52)、『人間の名において』(1954)、『アラビアのロレンス』(1963)、『スウィフト考』(1969)、『人間の死にかた』(1969)、『蘆花徳冨健次郎(ろかとくとみけんじろう)』全三部(1972~74。大仏(おさらぎ)次郎賞受賞)などがある。[高橋新太郎]
『『中野好夫集』全11巻(1984~85・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかの‐よしお【中野好夫】
英文学者、評論家。愛媛県出身。東京帝国大学卒。シェークスピアを中心とする英米文学・演劇の研究・翻訳者として知られた。幅広い視野に立つ硬骨の批評家として社会・文芸評論でも活躍。著作に「アラビアのロレンス」「エリザベス朝演劇講話」「蘆花徳冨健次郎」など。明治三六~昭和六〇年(一九〇三‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野好夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中野好夫の関連情報

関連キーワード

スペースシャトル飛行記録[各個指定]工芸技術部門柴田翔日露戦争史(年表)[各個指定]芸能部門朝鮮映画皮革工業丸山圭三郎ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation