@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中野正剛【なかの せいごう】

美術人名辞典

中野正剛
政治家。福岡県生。幼名は甚太郎、は耕堂。早大卒後、東京朝日新聞記者として護憲運動に奔走し、『東方時論』を刊行。のち衆議院に8回当選し、革新倶楽部憲政会民政党に属して活躍。満州事変後は協力内閣運動を起こすが失敗。国民同盟東方会を組織し全体主義推進した。翼賛会常任総務となるが辞任し、東条内閣対立する。昭和18年(1943)歿、58才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

なかの‐せいごう〔‐セイガウ〕【中野正剛】
[1886~1943]政治家。福岡の生まれ。新聞記者を経て衆議院議員となり、憲政会立憲民政党所属東方会を組織し、民間での全体主義運動を推進。「戦時宰相論」で東条英機首相を批判、さらに内閣打倒を策して逮捕され、釈放直後自殺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中野正剛 なかの-せいごう
1886-1943 大正-昭和時代前期の政治家。
明治19年2月12日生まれ。「東京朝日新聞」記者をへて東方時論社主筆となり,のち社長。大正9年衆議院議員(当選8回)。昭和11年東方会を結成,南進論を提唱。18年東条内閣打倒を画策して逮捕され,釈放後の同年10月27日自殺。58歳。福岡県出身。早大卒。号は耕堂。著作に「明治民権史論」「国家改造計画綱領」など。
【格言など】東方九拝,平静にして余裕綽々(しゃくしゃく),自笑(遺書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なかのせいごう【中野正剛】
1886‐1943(明治19‐昭和18)
大正・昭和初期の政治家。福岡市に生まれる。幼名甚太郎,のち正剛に改名。早稲田大学卒業後ジャーナリストとなり,初め《東京朝日新聞》で,次いで《東方時論》誌にって健筆をふるう。護憲派記者として反藩閥・反政友会の論陣をはり,寺内正毅朝鮮総督の憲兵政治を非難した。対独参戦・シベリア出兵に反対し,パリ講和会議での日本外交を退嬰的(たいえいてき)旧外交と批判した。総じて1910‐20年代の中野は〈内に民本主義外に(反アングロ・サクソン的)帝国主義〉と規定できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中野正剛
なかのせいごう
[生]1886.2.12. 福岡
[没]1943.10.27. 東京
政治家。早稲田大学卒業。新聞記者を経て 1920年代議士となり,革新倶楽部立憲民政党などで活躍。 1936年国家主義団体の東方会を組織し,ナチスに傾倒した。やがて東条英機と対立,1943年 10月 21日逮捕。5日後の 26日釈放され自邸に戻ったが,同夜自室で割腹自殺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中野正剛
なかのせいごう
(1886―1943)

政治家。明治19年2月12日福岡市に生まれる。早稲田(わせだ)大学卒業。東京朝日新聞記者を経て1920年(大正9)から衆議院議員に連続8回当選。犬養毅(いぬかいつよし)を尊敬し革新倶楽部(くらぶ)に入ったが、その後、憲政会、立憲民政党を経て、1932年安達謙蔵(あだちけんぞう)らと国民同盟を結成した。満州事変のころから国家社会主義を信奉し、1933年(昭和8)思想団体東方会を組織、1935年国民同盟から離脱、1936年に東方会を政治結社に改組した。1940年大政翼賛会常任総務となったが、同会に失望して翌1941年辞任。戦時刑事特別法改正を契機として東条英機(とうじょうひでき)首相と激しく対立し、『朝日新聞』1943年元旦(がんたん)号に「戦時宰相論」を寄稿して東条を激怒させた。同年10月21日、直接行動で倒閣を図ったとされた東方同志会事件で逮捕され、25日身柄を警視庁から憲兵隊に移されたが、小林健治裁判官が勾留(こうりゅう)を却下したため26日釈放された。しかしその深夜、日本刀で切腹自殺を遂げた。自殺の原因はいまも謎(なぞ)に包まれている。

[大野達三]

『猪俣敬太郎著『中野正剛』(1988・吉川弘文館)』『中野泰雄著『父・中野正剛――その時代と思想』(1994・恒文社)』『緒方竹虎著『人間中野正剛』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかの‐せいごう【中野正剛】
政治家。福岡県出身。朝日新聞記者を経て、大正九年(一九二〇)から衆議院議員。憲政会、立憲民政党に属す。昭和一一年(一九三六)東方会を組織し、同一五年大政翼賛会常任総務。「戦時宰相論」で東条英機首相を批判し、内閣打倒を策して逮捕された。釈放直後に自殺。明治一九~昭和一八年(一八八六‐一九四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野正剛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中野正剛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation