@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中野武営【なかの ぶえい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中野武営 なかの-ぶえい
1848-1918 明治-大正時代の政治家,実業家。
弘化(こうか)5年1月3日生まれ。農商務省権(ごんの)少書記官となる。明治十四年の政変退官。15年立憲改進党創立にくわわる。愛媛県会議長をへて,第1回総選挙で衆議院議員(当選8回)。東京株式取引所理事長,関西鉄道社長,東京商業会議所会頭などをつとめる。のち東京市会議長。大正7年10月8日死去。71歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。号は随郷。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なかのぶえい【中野武営】
1848‐1918(嘉永1‐大正7)
明治,大正期の実業家,政治家。本来の名前の読みは〈たけなか〉で、〈ぶえい〉は通称。高松藩士の子として生まれ,藩校講道館に学ぶ。1872年(明治5)香川県の官吏となり,のち農商務省権少書記官となる。明治14年の政変(1881)では大隈重信,河野敏鎌らとともに辞職し,改進党創立に尽力する。1890年の第1議会以来衆議院議員に当選8回。この間,東京株式取引所副頭取,理事長,次いで関西鉄道会社社長など各種会社と関連し,1905年,渋沢栄一の後を受けて東京商業会議所会頭となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中野武営
なかのぶえい
(1848―1918)

明治・大正期の実業家、政治家。弘化(こうか)5年1月3日、高松藩士の子として生まれる。名は「たけなか」とも読む。農商務省の権少(ごんのしょう)書記官時代、河野敏鎌(こうのとがま)の知遇を得、明治十四年の政変では大隈重信(おおくましげのぶ)に従って、河野、小野梓(あずさ)らとともに野に下り、立憲改進党の創立に参画した。1890年(明治23)の第1回総選挙より衆議院議員に連続8回当選し、また、1914年(大正3)には東京市会議長となり市会郭清に努めた。この間、東京株式取引所理事長、関西鉄道社長、日清(にっしん)生命社長などを歴任し、渋沢栄一(えいいち)の後継者として1905年より1916年まで東京商業会議所会頭となり、営業税反対運動の中心となるなど実業界に貢献した。大正7年10月8日没。

[佐藤能丸]

『薄田貞敬編『中野武営翁の七十年』(1934・中野武営伝記編纂会)』『石井裕晶著『中野武営と商業会議所――もうひとつの近代日本政治経済史』(2004・ミュージアム図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野武営」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中野武営の関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三東欧史(年表)チェコおよびスロバキア史(年表)一八四八年の革命ドイツ革命ハート(William S. Hart)フランス史(年表)三月革命第1次世界大戦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation