@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中野重治【なかのしげはる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中野重治
なかのしげはる
[生]1902.1.25. 福井,高椋
[没]1979.8.24. 東京
小説家,評論家,詩人。第四高等学校を経て 1927年東京大学独文科卒業。在学中から室生犀星の影響を受けて短歌や詩への関心を深め,また,林房雄らとの交友によりマルクス主義に近づいた。 26年堀辰雄,窪川鶴次郎らと詩誌『驢馬 (ろば) 』を創刊,『夜明け前のさよなら』 (1926) ,『歌』 (26) などを発表。 28年ナップに参加,検挙投獄,転向,執筆禁止などを経て,第2次世界大戦後は民主主義文学者の結集に努力,新日本文学会発起人となった。 47~50年日本共産党の参議院議員。 64年党の方針と対立して除名された。『中野重治詩集』 (35) ,小説『歌のわかれ』 (39) ,『むらぎも』 (54) ,『甲乙丙丁』 (65~69) ,評論『斎藤茂吉ノオト』 (40~41) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかの‐しげはる【中野重治】
[1902~1979]小説家・詩人・評論家。福井の生まれ。日本プロレタリア芸術連盟に参加。第二次大戦後は新日本文学会の中心的人物として活躍。詩集「中野重治詩集」、小説「歌のわかれ」「むらぎも」、評論「斎藤茂吉ノオト」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中野重治 なかの-しげはる
1902-1979 昭和時代の詩人,小説家,評論家。
明治35年1月25日生まれ。大正15年堀辰雄らと「驢馬(ろば)」を創刊。日本プロレタリア芸術連盟やナップにくわわる。昭和6年共産党にはいるが,のち転向。10年の「村の家」は転向文学の代表的作品。戦後,蔵原惟人(これひと)らと新日本文学会を結成。20年再入党して22年参議院議員。同年の「五勺の酒」で天皇制と天皇の問題をえがく。39年党を除名された。44年野間文芸賞の「甲乙丙丁」は政治と文学の問題を追究した大作。昭和54年8月24日死去。77歳。福井県出身。東京帝大卒。作品はほかに「むらぎも」「梨の花」など。
【格言など】未練が老醜のはじまりではないだろうか(「五勺の酒」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なかのしげはる【中野重治】
1902‐79(明治35‐昭和54)
詩人,評論家,小説家。福井県坂井郡高椋(たかぼこ)村の自作農兼小地主の家に生まれる。金沢の四高で窪川鶴次郎らと知り,短歌,詩,小説の習作を始める。そのころ室生犀星を知り,以後親しむ。1924年,東大独文科に入学。翌年同人誌《裸像》を中平解らと出し,26年からは《驢馬》を窪川,堀辰雄らと刊行するが,一方,25年には林房雄らを通して新人会に入会,翌年マルクス主義文芸研究会(マル芸)結成としだいに左傾を深める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なかのしげはる【中野重治】
1902~1979) 小説家・詩人・評論家。福井県生まれ。東大卒。プロレタリア芸術運動の中心的人物の一人として業績を残す。作品「中野重治詩集」「村の家」「歌のわかれ」「斎藤茂吉ノオト」「むらぎも」「梨の花」「甲乙丙丁」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中野重治
なかのしげはる
(1902―1979)
詩人、評論家、小説家。福井県坂井郡高椋(たかぼこ)村(現坂井市丸岡町地区)の農家に明治35年1月25日生まれる。金沢の旧制四高で窪川(くぼかわ)鶴次郎らと詩作を始める。そのころ室生犀星(むろうさいせい)を知り、以後親しむ。1924年(大正13)東京帝国大学独文科に入学。翌年同人誌『裸像』を中平解(なかひらさとる)らと、26年からは『驢馬(ろば)』を窪川、堀辰雄(たつお)らと刊行するが、一方、25年夏には林房雄らを通して新人会に入会、翌年マルクス主義文芸研究会(マル芸)結成、しだいに左傾を深める。『裸像』『驢馬』に書いた詩が『中野重治詩集』(1931)の中心であるが、それらは、「お前は赤ままの花やとんぼの羽根を歌うな」と、自分の内部にあるものを深くみつめると同時にそれを激しく否定したところに成立した。
 1927年(昭和2)東大卒業。その前年の1926年11月、日本プロレタリア芸術連盟(プロ芸)にマル芸の全員が参加、中野は中央委員に選ばれるが、福本イズムに影響された中野らのラディカリズムが原因で、1927年6月、青野季吉(すえきち)、葉山嘉樹(よしき)、林、蔵原惟人(これひと)らはプロ芸を脱退。うち林、蔵原ら共産党支持派は1928年3月、プロ芸とふたたび合体して全日本無産者芸術連盟(ナップ)を結成、論議はナップ内の中野対蔵原の芸術大衆化論争に持ち越された。「大衆の求めているのは芸術の芸術、諸王の王なのだ」と書いて中野は蔵原の二元論に対立する。これら『芸術に関する走り書的覚え書』(1929)に収められた評論群がこの期の代表作である。1931年共産党入党。1932年コップ(日本プロレタリア文化連盟)大弾圧で検挙投獄され、1934年に執行猶予で出所。以後敗戦までの中野の文学的闘いは、「転向」した自己を見据え、戦争につれて流されてゆく現実のなかで、動かない「もの」と人間精神とのかかわりを追究することにあった。こうした緊張の所産が『村の家』(1935)、『汽車の罐焚(かまた)き』(1937)、『歌のわかれ』(1939)、『空想家とシナリオ』(1939)の中編・短編であり、『斎藤茂吉ノオト』(1940~42)、『「暗夜行路」雑談』(1944)であった。
 敗戦後まもなくの1945年(昭和20)11月共産党に再入党。新日本文学会を創設して中心的な働き手となる。1947~50年参議院議員として活躍。共産党の「50年分裂」の際は「国際派」の側にあり、政治主義に対して文学運動を守り抜く。1964年、党運営の官僚化を批判して除名される。『朝鮮の細菌戦について』(1952)をはじめとする透徹した多くの評論、『五勺の酒』(1947)などの現実を鋭くえぐった短編、『むらぎも』(1954)、『梨(なし)の花』(1957~58)、『甲乙丙丁』(1965~69)の豊かな長編世界が戦後の仕事。昭和54年8月24日没、郷里の「太閤(たいこう)ざんまい」の土に帰る。1983年(昭和58)丸岡町にその蔵書を収めた中野重治記念文庫ができ、毎夏、東京で記念集会が行われる。[満田郁夫]
『『中野重治全集』全28巻(1976~79・筑摩書房) ▽杉野要吉著『中野重治の研究 戦前・戦中篇』(1979・笠間書院) ▽木村幸雄著『中野重治論』2冊(1979・桜楓社) ▽桶谷秀昭著『中野重治 自責の文学』(1981・文芸春秋) ▽満田郁夫著『増訂 中野重治論』(1981・八木書店) ▽満田郁夫著『中野重治の茂吉ノオト』(1984・童牛社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかの‐しげはる【中野重治】
小説家、詩人、評論家。福井県生まれ。東京帝国大学独文科在学中に、窪川鶴次郎、堀辰雄らと「驢馬」を創刊し、詩、評論等を発表。また、同時期プロレタリア芸術運動にかかわり、全日本無産者芸術連盟(ナップ)創立に参加。第二次大戦後は一時期参議院議員。代表作「村の家」「五勺の酒」「むらぎも」「甲乙丙丁」など。明治三五~昭和五四年(一九〇二‐七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野重治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中野重治の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハール

他サービスで検索

「中野重治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation