@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中野【なかの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中野
なかの
神奈川県西部相模原市中北部の旧町域。 1925年町制施行により中野町が成立。同年太井村,又野村,三ケ木村と合体。 1955年鳥屋村,串川村,青野原村,青根村および三沢村の一部と合体して津久井町となる。 2006年相模原市に編入城山ダムダム湖である津久井湖の南岸相模川河岸段丘上に位置する。養蚕地帯を背景に,江戸中期に川和縞の機業地として発展し,幕末には産地としても知られた。明治初期以来,相模川の谷口集落としても発展。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかの【中野】[東京都の区]
東京都の区名。住宅地新井薬師薬王寺)がある。人口31.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかの【中野】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかの【中野】[長野県の市]
長野県北東部の市。千曲川支流の夜間瀬(よませ)川の扇状地にあり、ブドウモモなどの栽培や精密・電子工業が行われる。志賀高原入り口。人口4.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なかの【中野】
長野盆地北部にある市。リンゴ・モモ・コリヤナギなどを栽培。志賀高原への入り口。
東京都二三区の一。区部の西部にある住宅・商業地区。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかの【中野】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかの【中野】
[一] 長野県北東部の地名。千曲川の支流夜間瀬(よませ)川の扇状地にある。江戸時代は天領として栄えた。モモ、ブドウ、リンゴの栽培のほか、精密機械、電子部品などの工業が盛ん。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 東京都二三区の一つ。昭和七年に東京市に編入された豊多摩郡中野・野方の両町が合併して成立。同二二年特別区となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation