@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中門【ちゅうもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中門
ちゅうもん
(1) 南都六宗寺院回廊正面に開く。 (2) 寝殿造中門廊に開き,寝殿南庭の入口となる門。初期書院造では中門廊の退化したものをいう。 (3) 茶庭で外露地内露地をへだてる門。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐もん【中門】
仏教寺院で、南大門の次にある門。回廊の前面中央に設けられる。
寝殿造りで、中門廊途中に設けられた門。
書院造りで、前面の広縁の一部が鉤(かぎ)形に突き出した部分。寝殿造りの中門廊の名残
茶庭の内外の露地にある門。中潜(なかくぐ)り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうもん【中門】
日本古代の寺院や貴族邸宅などで,外郭内郭を形づくる築地塀や回廊などがあるとき,内郭の門を中門という。古代寺院では金堂を囲む回廊に開かれた正門で,外郭の正門(南大門など)とともに仏門といわれ,他の僧門と区別された。7世紀末までは中門は重層入母屋造の奥行きの深い立派な門で,両脇金剛力士など伽藍守護の像を置いた,聖と俗の空間の関門であった。法隆寺中門が7世紀の実例である。8世紀の平城京内の寺では都大路に面する南大門などの方を重層の本格的なものとし,中門には略式のものもあった(金剛力士は南大門に安置され,中門には四天王のうちの2天がおかれる)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうもん【中門】
寺院建築で、南大門と主要建物との間にある門。 → 伽藍がらん配置
寝殿造りで、東西の対屋と釣殿とを結ぶ廊(中門廊)の中ほどにある門。 → 寝殿造り
主殿造りの主殿で、広縁の端の短く突き出た部分。寝殿造りの中門廊の名残。 → 主殿造り
茶室の内露地と外露地との境に設けられる門のうち、立って通れるように作られたもの。 → 中潜なかくぐ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐もん【中門】
〘名〙
表門より内側の方にある門。
※続日本紀‐霊亀元年(715)正月己亥「宴百寮主典以上並新羅使金元静等于中門、奏諸方楽」 〔周礼‐天官・閽人〕
② 平安宮の、中和院(ちゅうかいん)の南門。
※江家次第(1111頃)七「左右近衛各一人、移入自掖門中門〈神嘉殿之南中門也〉
③ 寺院伽藍の金堂前方にある門。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「金剛力士形弐躯〈在中門〉」
④ 寝殿造の中門廊の途中に設けられた門で、寝殿南庭の入り口となる門。中門廊が短くなると、その先につくようになる。
※東寺百合文書‐へ・延喜一二年(912)七月一七日・七条令解「申立売買家券文事〈略〉中門壱処」
⑤ 書院造で、主殿または広間の東南隅から突出した部分。寝殿造中門廊の名残。また、主な座敷の前庭に入る庭の門もいう。
※匠明(1608‐10)寝屋集「又当世大成広間にしては、中門をつけ作るへし」
茶室外露地と内露地との間にある門。
※源流茶話(1715‐16頃か)「扨、内露地のかまへは中門中くくり・猿戸、境界と所有の物すきにより候へし」
⑦ 東北あるいは新潟の民家で、主屋の隅から突き出した部分。寝室・出入り口あるいはとして使う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation