@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

中間圏【ちゅうかんけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中間圏
ちゅうかんけん
mesosphere
成層圏の上,熱圏の下にある大気層。地表からの高さ 50~80kmにわたり,大気温度は低部で絶対温度 270Kくらいから,上部で 200Kくらいまでで,高度が上がるにつれて低下していく。その理由は,太陽からの放射線のうち,X線に近い超紫外線は上方の熱圏で吸収されてしまい,波長の長い紫外線は空気の濃い下方の成層圏で吸収され,オゾン生成も成層圏で多く中間圏では少ないなど,この層での加熱が少ないためである。中間圏を通じて,大気の組成は海面上とほぼ同じ比率を保ち(重い気体と軽い気体の拡散分離は起こっておらず),気圧および密度が海面上の値に比べ,高度 50kmで,それぞれ 1300分の1および 1200分の1,高度 80kmで 10万分の1および 6万6000分の1に低減する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうかん‐けん【中間圏】
大気圏区分の一。成層圏熱圏との間を占め、高度約50キロから90キロまでの大気層。気温は高さとともに下降する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうかんけん【中間圏 mesosphere】
大気の鉛直構造を気温分布にしたがって区分するとき,高度50kmから90kmにかけて高度の上昇につれて気温が下がっている部分を中間圏という。気温は高度50kmで約0℃で,高度90kmでは氷点下約80℃である。高度85~90kmの領域は中間圏界面mesopausと呼ばれ,上層大気のなかで最も低温である。気圧は高度50kmから90kmにかけて0.8hPa(0.6Torr)から0.002hPa(0.0015Torr)に減る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中間圏
ちゅうかんけん
mesosphere

大気を鉛直に区分したとき、高度48キロメートルから80キロメートルの範囲を中間圏とよぶ。中間圏の下には成層圏、上には熱圏が存在する。中間圏の気温は、下端の成層圏界面でもっとも高く約0℃、高さとともにほぼ直線的に下降し、上端の中間圏界面で零下90℃になる。気温が高さとともに減少するが、水蒸気の凝結がないので鉛直運動に対して安定であり、対流は生じない。しかし、下方から伝播(でんぱ)してくる内部重力波の砕波によって乱流を生じ、上下の混合が行われている。中間圏上部では、季節に逆行して冬に気温が高く、夏に気温が低い。夏季には夜光雲が生じる。

[松野太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうかん‐けん【中間圏】
〘名〙
① 大気層を分類したとき、成層圏の上、熱圏の下の部分、あるいは電離層と外圏との間の部分。
② マントルの別名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中間圏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中間圏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation