@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丸仏手柑【マルブシュカン】

デジタル大辞泉

まる‐ぶしゅかん【丸仏手×柑】
ミカン科の常緑小高木。ブシュカンの日本在来種で、九州南部の海岸地帯で栽培にとげがあり、楕円形。花は薄紫色。果実は鮮黄色の広楕円形で冬に熟し、香りが強く、砂糖漬けとする。かふち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

丸仏手柑 (マルブシュカン・マルブッシュカン)
学名:Citrus medica var.medica
植物。ミカン科の常緑低木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まる‐ぶしゅかん【丸仏手柑】
〘名〙 ミカン科の常緑低木。インド原産で、暖地で栽培される。高さ約三メートル。果実はレモンに似ているが外皮はかたく大きく縦にひだがあり長さ八センチメートル内外。果肉は乳白黄色、不透明で味は淡泊。砂糖漬にして食用にされる。漢名、枸櫞。かぶち。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸仏手柑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丸仏手柑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation