@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丸太舟【まるたぶね】

精選版 日本国語大辞典

まるた‐ぶね【丸太舟】
〘名〙
① 中世末期以降、主として琵琶湖で用いられた丸子船。丸船。
※俳諧・紅梅千句(1655)六「湖の浪を枕に聞あきて〈貞徳〉 丸太舟にし明し暮しつ〈季吟〉」
※浄瑠璃・五十年忌歌念仏(1707)下「いや御僧とは空目かや、我もこがるる丸太舟浮世渡る一節を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸太舟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丸太舟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation