@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丸木舟【まるきぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丸木舟
まるきぶね
1本の大木をくりぬいてつくった (いかだ) とともに水上輸送手段の最古の形として知られる。製法は,刃物による成形以前に,などを焼いての上に載せ穴をつくりえぐった。安定性を保つため,船側に浮きをつけるなど種々の工夫が行われる。現在でも太平洋諸島で使用されている。日本では千葉県加茂遺跡から,縄文時代前期の丸木舟が出土している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まるき‐ぶね【丸木舟】
1本の木のをくりぬいて造った。くり舟。丸太舟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まるきぶね【丸木舟】
木の幹を刳りくぼめて作った舟。刳舟ともいい,独木舟とも書く。舟のなかで最も原始的な形をとどめるもので,世界各地で用いられたことが知られている。本来は一本の木で作られたものをいうが,前後を別の木で作って接合したようなものも含めて丸木舟と呼んでいる。日本の丸木舟のうち最も古いものは,福井県鳥浜貝塚,千葉県加茂遺跡出土のもので,ともに縄文時代前期にさかのぼる。前者体長610cm,幅約60cm,後者は体長が480cm,幅70cm(推定)と報告されているが,両者に共通するのは舟の内深がきわめて浅いことである(最大内深は前者で20cm,後者で15cm)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まるきぶね【丸木舟】
原木をくりぬいて作った舟。縄文時代から鎌倉時代に至る数千年の間用いられ、江戸時代以後も磯船として一部地方で使用された。くり舟。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丸木舟
まるきぶね
1本の木を刳(く)り抜いてつくる舟。独木舟とも記し、刳舟(くりぶね)ともいう。新石器時代、磨製の石斧(せきふ)などによる木工技術の進歩によって発達を遂げるが、のちに火を併用することで刳り抜き作業が容易になった。わが国でも福井県にある鳥浜貝塚の縄文時代前期の層から全長7メートルほどの大型丸木舟が出土しており、早くからの利用が認められる。また櫂(かい)の利用や、丸木舟本体への装飾も知られている。
 一般に木材が入手しやすい地域で広く分布しており、構造から3種に分類される。1本の丸太をそのまま刳り抜いたかつお節型、丸太を二つに割って、それぞれを刳り抜いた割り竹形、さらに舟の中央部に刳り残しをつくった箱形がそれらである。単純な構造をもつ反面、安定性、利用空間などに問題があり、世界各地でさまざまなくふうがなされている。2艘(そう)の丸木舟を組み合わせて安定性を高める方法は、ヨーロッパのアルバニア、インドのガンジス川、ユダバリ川、チェンナイ(マドラス)やタンジャブール地方の河川や潟、シベリアのコリヤーク人の間に分布している。同じ効果をねらうものとしては、船側から横木を出して、その先に浮きをつけたアウトリガー・カヌーがある。これには片側のみに浮きを備えたものと両側に備えたものとがあり、前者は、スリランカの漁労民がサバのトロール漁で使っているのをはじめとして、ベンガル湾中のアンダマン諸島・ニコバル諸島、マレー西海岸、スマトラ西方のニアス島、さらにミクロネシア、メラネシア、ポリネシアに広がる。後者もフィリピン、インドネシアのほぼ全域、ニューギニアの一部、オーストラリア北東海岸、ニュージーランド、サモア、マダガスカルというように分布は広い。ミャンマー(ビルマ)南部のメルギー諸島のモーケンの人々は、移動生活を送るため、丸木舟の船幅を広くして居住空間を確保している。内側を水でぬらしながら外側を火で暖め、木を柔らかくして幅を広げるモーケンの方法は、アフリカ、北アメリカ北西海岸に住むネイティブ・アメリカン、シベリアのオスチャークやボグルの人々の間でも確認されている。アフリカのリベリアからシエラレオネの沿岸に住むクル人や北アメリカ北西海岸のネイティブ・アメリカンなどで使われている海洋用の大型丸木舟は、波への対策として、反り上がった舳(へさき)と艫(とも)を備えており、ウガンダでは舷(げん)側に波よけの板を縫い合わせた30人乗りの丸木舟を使っている。アイヌのイタオマチェップも含めて、こうした板材を継ぎ足した丸木舟を「複材刳船」とよぶ。
 オセアニアでは、丸木舟は伝統的な技術、知識、儀礼を熟知した職人集団によってつくられ、しばしば首長や共同体の財産として継承される。また、保管する小屋がさまざまな儀礼の場になることもソロモン諸島から報告されている。[関 雄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸木舟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丸木舟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation