@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹下健三【たんげけんぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丹下健三
たんげけんぞう
[生]1913.9.4. 大阪,堺
[没]2005.3.22. 東京,港
建築家,工学博士。1938年東京帝国大学建築学科を卒業し,前川國男建築設計事務所勤務を経て,1946年同大学大学院を卒業。1946年東京大学助教授,1964年同教授,1974年同名誉教授。1961年に丹下健三+都市・建築設計事務所を開設。サンパウロ国際ビエンナーレ建築部門審査員(1957),マサチューセッツ工科大学客員教授(1959~60)なども務めた。主要作品は広島平和公園(1950)と広島平和記念資料館(1955),旧東京都庁舎(1957),香川県庁舎(1958),東京カテドラル聖マリア大聖堂(1964),東京オリンピック競技大会時に建てた国立屋内総合競技場(1964。代々木競技場第一体育館),日本万国博覧会マスタープラン(1970),ナイジェリア新首都都心計画(1979),新東京都庁舎(1991)など。主著に『桂――日本建築における伝統と創造』(1960),『伊勢――日本建築の原形』(1962~65),『丹下健三 1946~1969――建築と都市』(1970),『21世紀の日本――その国土と国民生活の未来像』(1971)。1966年アメリカ建築家協会 AIAゴールドメダル受賞。1979年文化功労者選定。1980年文化勲章受章。1987年プリツカー賞,1993年高松宮殿下記念世界文化賞受賞,1996年レジオン・ドヌール勲章受章。アメリカ芸術科学アカデミー海外名誉会員,フランス建築アカデミー海外会員。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

丹下健三
堺市生まれ。日本を代表する建築家の一人。東京五輪会場となった国立屋内総合競技場(現・国立代々木競技場、1964年)や大阪万博の「お祭り広場」(70年)など国家的事業に携わり、現在の東京都庁舎(91年)なども手がけた。
(2014-05-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たんげ‐けんぞう〔‐ケンザウ〕【丹下健三】
[1913~2005]建築家。大阪の生まれ。第二次大戦後の日本建築界の代表者の一人。広島平和記念資料館国立代々木競技場体育館・東京都庁舎などを設計。文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

丹下健三 たんげ-けんぞう
1913-2005 昭和-平成時代の建築家。
大正2年9月4日生まれ。広島平和記念公園などの競技設計当選をかさね,地位を確立。昭和36年丹下健三・都市・建築設計研究所を開設。38-49年東大教授。戦後日本を代表する建築家のひとり。作品に東京代々木の国立屋内総合競技場,東京カテドラル聖マリア大聖堂,東京都新庁舎など。ユーゴスラビアスコピエ再建都市計画,イタリアのボローニャの都市計画なども手がける。55年文化勲章。62年プリッカー賞。平成17年3月22日死去。91歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たんげけんぞう【丹下健三】
1913(大正2)‐
建築家。愛媛県今治市に生まれ,1938年東京大学を卒業。在学中はル・コルビュジエの建築に傾倒し,前川国男の事務所を経て大学院に戻り,46年東京大学助教授,63年教授となった(74年退官)。戦前は設計競技にたびたび入賞し,戦後《広島平和記念館》(1955)の設計で近代建築の旗手としてデビュー。日本的な意匠構造の感覚を示した《香川県庁舎》(1958),《東京都庁舎》(1957)などによって日本の近代建築を海外に知らしめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんげけんぞう【丹下健三】
1913~2005 建築家。大阪府生まれ。東京大学教授。戦後日本を代表する建築家・都市計画家として海外でも多くの作品を残す。代表作に広島平和記念資料館・新旧東京都庁舎・東京オリンピック国立屋内競技場・大阪万国博覧会会場・スコピエ都市計画・フジテレビ本社ビルなどがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丹下健三
たんげけんぞう
(1913―2005)
建築家。大阪に生まれる。幼少時は上海(シャンハイ)の租界で過ごし、1921年(大正10)から愛媛県今治(いまばり)で暮らす。高校時代に哲学書や芸術書を読むうちに、ル・コルビュジエに傾倒し、建築家を志して東京帝国大学工学部建築学科に入学。一時は映画監督を目ざし、日本大学の芸術学部映画学科に在籍したこともある。学生時代マルクス主義に興味をいだくが、やがて離脱し、ル・コルビュジエやグロピウスらのモダニズムから影響を受ける。1938年(昭和13)大学卒業後は、ル・コルビュジエの教え子である前川国男の事務所に入り、1941年まで修業をした。翌1942年に発表された論文「MICHELANGELO頌(しょう)」では、ミケランジェロとル・コルビュジエを歴史の転換点において偉大なる創造力を発揮した建築家と位置づけ、自らがその後に続くという決意表明を行う。60年以上に及ぶ活動を通し、急成長する戦後日本という国家を背負い、各地にランドマークとなる印象的な建築を手がけた。また国際的に活躍する日本人建築家の先鞭(せんべん)をつけた。
 1940年代の第二次世界大戦戦時下においてコンペに連勝し、建築家としてデビューする。いずれも1等を獲得した大東亜建設記念造営計画(1942)と在バンコク日本文化会館(1943)は、日本の伝統建築のモチーフをとり入れたモニュメンタルな造形であった。敗戦直後は、東京、前橋、呉(くれ)、稚内(わっかない)などの復興都市計画を行う。1946年に東京帝国大学助教授、1963年東京大学教授となり、1974年の停年退職まで東京大学にて教鞭(きょうべん)をとる。丹下の研究室からは、大谷幸夫(さちお)、浅田孝(1921―1990)、槇文彦(まきふみひこ)、磯崎新(いそざきあらた)、黒川紀章(きしょう)、谷口吉生(よしお)らの優秀な建築家が輩出した。1949年広島市主催の広島平和記念公園および記念館のコンペで1等に入賞。近代性・記念碑性・伝統性を巧みに融合した建築である。さらに都市的な仕掛けとして、原爆ドームに到達する強力な中心軸を設定し焼け野原となった爆心地に明快な秩序を与えた。
 1950年代は数々の傑作を発表し、日本の近代建築を世界的なレベルに引き上げた。香川県庁舎(1958)は伊勢神宮や桂(かつら)離宮などを強く意識し、木造の柱梁(はしらはり)に現代的な再解釈を追求した作品である。しかし、1950年代なかばの伝統論争においては、丹下の繊細な「弥生(やよい)的なるもの」に対抗して提出された白井晟一(せいいち)の重厚な「縄文的なるもの」の概念に影響を受け、作風は変化した。1950年代後半は、旧草月会館(1958)や電通大阪支社(1960)など、厚い壁のデザインを行う。
 1961年丹下健三・都市・建築設計研究所を開設し、1960年代は都市計画的な仕事を手がけるようになる。同年発表した「東京計画1960」は、高度経済成長期の社会に問いかけた壮大なビジョンであり、放射状に広がる西欧型の都市を否定し、東京湾へ帯状に成長する都市を提案した。この計画には若き日の磯崎や黒川も参加している。後に線状に延びる都市の構想を日本列島のスケールでも提案した。緻密(ちみつ)なこの計画は、1960年代における未来的な都市計画ブームに火をつけた。吊(つ)り構造に挑戦した東京オリンピックの国立屋内総合競技場(東京代々木体育館、1964)や、HP(双曲面)シェル構造の東京カテドラル聖マリア大聖堂(1964)など、シンボリックかつ彫刻的な作品がある。
 1970年、未来型の都市実験の総決算として大阪で開かれた日本万国博覧会の会場計画を担当した。しかしその後は次世代の建築家が台頭し、日本では目だった仕事がなくなる。かわりにマケドニア(現、北マケドニア共和国)のスコピエ都心再建計画(1966)やイタリアのボローニャ市北部開発計画(1984)をきっかけに、サウジアラビア、イラク、ネパール、シンガポールなど、中近東やアジアの大規模なプロジェクトに活動の舞台を移した。
 1986年、記念碑性と装飾性をもつポスト・モダンによる新東京都庁舎のコンペに勝って日本の建築界に復帰した(1991完成)。そして1990年代以降も東京お台場のフジテレビ本社ビル(1996)など、精力的に作品を発表した。広島平和記念館の競技設計から約50年を経過した2002年(平成14)、原爆死没者追悼平和祈念館が開館した。公園の軸線や緑を邪魔しないよう、施設を地中に埋め、慰霊の空間を表現した。
 イギリス王立建築家協会ロイヤル・ゴールドメダル(1965)、BCS(建築業協会)賞(1966)、アメリカ建築家協会ゴールドメダル(1966)、フランス文化選奨・ゴールドメダル(1967)、文化勲章(1980)、フランス芸術文化勲章コマンドール(1984)、イタリア共和国有功勲章グラン・オフィシエル(1984)、日本建築学会大賞(1986)、プリツカー賞(1987)、高松宮殿下記念世界文化賞・建築部門(1993)など数多くの賞を受賞。前記以外のおもな建築作品に、丹下健三邸(1953)、駿府(すんぷ)会館(1957、静岡市)、旧東京都庁舎(1957)、静岡新聞・静岡放送本社(1970)、シンガポールOUBセンター(1986)、横浜美術館(1989)などがある。[五十嵐太郎]
『ワルター・グロピウス、丹下健三、石元泰博著『桂――日本建築における伝統と創造』(1960・造型社) ▽『東京計画1960――その構造改革の提案』(1961・新建築社) ▽『日本列島の将来像』(1966・講談社) ▽丹下健三・川添登編著『現実と想像 丹下健三1946-1958』(1966・美術出版社) ▽丹下健三・川添登編著『技術と人間 丹下健三+都市・建築設計研究所1955-1964』(1968・美術出版社) ▽『人間と建築 デザインおぼえがき』『建築と都市 デザインおぼえがき』(ともに1970・彰国社) ▽『建築と都市』(1975・世界文化社) ▽『一本の鉛筆から』(1985・日本経済新聞社) ▽丹下健三・都市・建築設計研究所編・刊『Kenzo Tange Associates Vol.1~3』(1987) ▽丹下健三・藤森照信著『丹下健三』(2002・新建築社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹下健三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹下健三の関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネットドビュッシーバルカン戦争デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation