@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹前物【たんぜんもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丹前物
たんぜんもの
歌舞伎舞踊の一系統。歌舞伎技法の丹前を取入れたもので,ほぼ元禄年間 (1688~1704) に成立した。宝暦5 (55) 年江戸市村座で中村粂太郎が踊った五変化舞踊『門出京人形 (かどいできょうにんぎょう) 』のなかの一つで長唄『水仙丹前』や,天明5 (85) 年江戸桐座の顔見世狂言『男山娘源氏 (おとこやまふりそでげんじ) 』の所作事として踊られた長唄『高砂丹前』が知られ,今日でも上演される。両者にみられるように,丹前物には槍踊りをつけることが多かった。荻江節の『水仙丹前』『金谷丹前』は,1世荻江露友が長唄曲を荻江節に直したもの。また,文政1 (1818) 年中村座初演の常磐津節『三つ人形』以後,清元『土佐絵』,長唄『廓丹前』などもつくられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんぜん‐もの【丹前物】
歌舞伎舞踊の一系統で、丹前姿を舞踊化したもの。元禄期(1688~1704)に成立。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんぜんもの【丹前物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんぜんもの【丹前物】
丹前振りを主とした歌舞伎の舞踊・歌曲の一系統。元禄期(1688~1704)に成立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんぜん‐もの【丹前物】
〘名〙 歌舞伎所作事の一系統。丹前姿の若衆の踊る趣向のもの。多く、行列・槍踊りなどの振りが付随する。「女夫松高砂丹前」「花錦嫩丹前」などがある。丹前所作事。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹前物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹前物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation