@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹原【たんばら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丹原
たんばら
愛媛県東部,西条市西部の旧町域。道前平野の西部に位置する。石鎚山脈から北流して燧灘に注ぐ中山川の上・中流域を占める。 1913年町制。 1955年徳田村,1956年田野村および中川村の一部とそれぞれ合体。 2004年西条市,東予市,小松町と合体して西条市となった。中心集落の丹原は正保1 (1644) 年松山藩により物資集散地として設置された免租の町。江戸時代,北東の関屋川扇状地は富有柿の大産地であった。 1963年道前道後治水事業の一環として建設された面河 (おもご) ダムからの引水により,広大なミカン畑ができた。ほかに米作,野菜の栽培も行なわれる。北部の興隆寺は本堂,銅鐘,宝篋印塔が国の重要文化財。湯谷口の衝上断層と大エノキ,高松の孟宗竹林は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丹原
たんばら
愛媛県東部、周桑郡(しゅうそうぐん)にあった旧町名(丹原町(ちょう))。現在は西条市(さいじょうし)の西部を占める一地区。1913年(大正2)福岡村が町制施行して丹原町となり、1955年(昭和30)徳田村、1956年田野村と合併。2004年(平成16)、東予(とうよ)市、周桑郡小松(こまつ)町とともに西条市に合併。旧町域は、高縄(たかなわ)半島と石鎚(いしづち)山脈の間に開けた周桑平野の西部を占める。中山(なかやま)川の上流域にあって、県内屈指の穀倉地帯としても知られる。国道11号が通じ、今治(いまばり)小松自動車道の東予丹原インターチェンジが近い。中心地区の丹原は松山藩時代に中山川沿岸の原野を開拓し、東西四町、南北一町の物資集散地としてつくられた在町(ざいまち)で、以来周敷(すふ)(布)郡(1897年に桑村郡と合併して周桑郡となる)の中心となった。現在も当時の地割が残っている。湯谷口(ゆやぐち)には中央構造線に沿う衝上(しょうじょう)断層が露出し、冷泉がある。関屋は扇状地でミカン、愛宕柿(あたごがき)の生産が盛ん。興隆寺の本堂、銅鐘(弘安9年銘)、石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)は国指定重要文化財。石鎚山に近い堂ヶ森(どうがもり)(1689メートル)などの景勝地は、石鎚国定公園域。国道11号沿いにはサクラの名所「桜三里」がある。[横山昭市]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation