@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹波与作待夜の小室節【タンバヨサクマツヨノコムロブシ】

デジタル大辞泉

たんばよさくまつよのこむろぶし【丹波与作待夜の小室節】
浄瑠璃世話物。3巻。近松門左衛門作。宝永4年(1707)大坂竹本座初演。与作関の小万の恋に子別れの物語を脚色したもの。滋野井子別れの段が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんばよさくまつよのこむろぶし【丹波与作待夜の小室節】
人形浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。1707年(宝永4)大坂竹本座初演。東の入間家へ嫁入りする丹波の国由留木(ゆるぎ)家の息女調(しらべ)姫は,出発の当日,江戸下りをいやがるので,困り果てた人々は,馬方にやとわれていた少年馬士(まご)の三吉道中双六をさせ,機嫌を直させる。褒美を与えようとした乳母の滋野井は,三吉が,今は離別した夫与作との間にもうけたわが子と知る。しかし息女の乳母という立場にある滋野井は,母と名のらず涙ながらに別れる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たんばよさくまつよのこむろぶし【丹波与作待夜の小室節】
浄瑠璃、世話物。三段。近松門左衛門作。宝永四年(一七〇七)頃大坂竹本座初演。丹波由留木(ゆるぎ)家の調姫の乳人滋野井(しげのい)と、別れた夫与作との間にできた三吉をめぐる悲劇、そして与作・関の小万の恋を扱ったもの。滋野井が馬子(まご)三吉をわが子と知りながら、姫と馬子が乳兄弟だと知れることを恐れて親子の名乗りをせずに別れる滋野井子別れの段が改作「恋女房染分手綱」にも取り入れられ有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹波与作待夜の小室節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹波与作待夜の小室節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation