@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹波篠山市【たんばささやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丹波篠山〔市〕
たんばささやま
兵庫県中東部から東部,丹波山地から篠山盆地に位置する市。東は京都府,大阪府に接する。1999年篠山町,西紀町,丹南町,今田町の 4町が合体し篠山市として成立。2019年現名称に改称。市域のほぼ中央を流れる篠山川流域の篠山は江戸時代には青山氏 5万石の城下町(→篠山藩)。国指定史跡の篠山城跡,旧武家屋敷,妻入の商店街などに当時の面影が残る。播磨から京都にいたる京街道の要地でもあり,東部の福住とともに旧宿場町。このほか八上城跡(国指定史跡),春日神社能舞台(国指定重要文化財)などの旧跡がある。味間は丹波茶の本場で,国の重要文化財の大国寺本堂がある。南西部の四斗谷川沿いは窯業地で,登り窯が並ぶ。民芸品丹波焼(立杭焼)の特産地として有名。南東端の籠坊温泉は平家の落人集落といわれる温泉地。北部の藤坂に残る長谷寺妙見堂は国の重要文化財。南東部の猪名川上流地域は猪名川渓谷県立自然公園に,北部の山岳地帯は多紀連山県立自然公園に,四斗谷川沿いは清水東条湖立杭県立自然公園にそれぞれ属する。日置のハダカガヤ,追手神社のモミは国の天然記念物。丹波黒大豆や丹波栗などの特産物も有名。JR福知山線,舞鶴若狭自動車道が縦断する。国道372号線が横断し,縦断する 173号線,176号線と交差する。面積 377.59km2。人口 4万1490(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんばささやま‐し【丹波篠山市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹波篠山市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹波篠山市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation