@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹生川【にゅうかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丹生川
にゅうかわ
岐阜県北部,高山市北東部の旧村域。南東の長野県境に乗鞍岳 (3026m) ,南境に日影平山 (1595m) ,北西境に国見山 (1318m) があり,大部分飛騨山脈の西斜面に含まれる。 1889年村制。 2005年高山市に編入。主産業は農林業で,特に製材が行なわれる。名刹千光寺 (参道の五本スギは国の天然記念物) ,国の重要文化財である荒川家住宅などが知られる。一部は中部山岳国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丹生川
にゅうかわ
岐阜県北部、大野郡にあった旧村名(丹生川村(むら))。現在は高山市の東部にあたる地域。旧丹生川村は、2005年(平成17)周辺の2町6村とともに高山市に編入。旧村域は、宮川の支流小八賀(こはちが)川・荒城(あらき)川の上流域にあたり、乗鞍岳(のりくらだけ)西斜面から高山市街地の東郊に及ぶ。西部の平坦(へいたん)地などでは稲作・野菜作が、東部山間地では肉用牛が飼養される。トマトとホウレンソウの生産が多い。国道158号に沿う日面(ひおも)には鍾乳(しょうにゅう)洞があり、下保(しもぼ)の千光寺は国指定天然記念物の五本スギや円空作の多くの彫刻で有名。荒川家住宅は国指定重要文化財。平湯峠(1684メートル)から乗鞍岳の畳平(たたみだいら)に至る乗鞍スカイライン(2003年から一般車両通行禁止)では、植物帯の変化の観察や飛騨(ひだ)周縁の山岳が遠望できる。[上島正徳]
『角竹喜登著『丹生川村史』(1962・丹生川村) ▽『丹生川村史』全6巻(1997~2000・丹生川村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹生川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹生川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation