@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丹羽長秀【にわ ながひで】

美術人名辞典

丹羽長秀
武将。別姓惟住、幼名万千代、通称五郎左衛門。長政の子。尾張生。織田信長に仕えその老臣の一人。姉川の戦・石山本願寺合戦・長篠戦争に活躍。本能寺の変では豊臣秀吉と共に明智光秀を討つ。賤ヶ岳の戦には秀吉に属す。越前国足羽郡北庄城主。天正13年(1585)歿、51才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

にわ‐ながひで〔には‐〕【丹羽長秀】
[1535~1585]安土桃山時代武将尾張の人。織田信長に仕え、近江(おうみ)の佐和山城主。本能寺の変後は豊臣秀吉を助け、山崎の戦い賤ヶ岳の戦いを立て、越前北ノ庄城主となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

丹羽長秀 にわ-ながひで
1535-1585 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)4年生まれ。織田信長につかえ,近江(おうみ)(滋賀県)佐和山城主となる。信長の死後,羽柴(豊臣)秀吉とともに明智光秀をやぶり,清洲(きよす)会議では秀吉を支持。賤ケ岳(しずがたけ)の戦いでも秀吉にしたがい,越前(えちぜん),若狭(わかさ)と加賀半国を領有した。天正(てんしょう)13年4月16日死去。51歳。通称は五郎左衛門。
【格言など】御用にもたち候はで,口惜しく候へども,それも,はや,是非に及ばず候(遺書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

にわながひで【丹羽長秀】
1535‐85(天文4‐天正13)
安土桃山時代の武将。織田信長に仕える。柴田勝家と並び称される勲功の臣で,浅井・朝倉との合戦に功績があり,近江佐和山を拝領して居城とした。長篠の戦には一翼の大将として軍功をあげ,翌1576年(天正4)惟住(これずみ)の称号を得た。本能寺の変後,羽柴(豊臣)秀吉とともに明智光秀を討ち,ついで柴田勝家,佐久間盛政と戦った。戦後,秀吉より越前・若狭両国と加賀半国を与えられ,越前北ノ庄の城に住した。【西田 真樹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にわながひで【丹羽長秀】
1535~1585 安土桃山時代の武将。尾張の人。織田信長に仕えて、佐和山城主。一時、惟住これずみ氏を称す。本能寺の変後、豊臣秀吉とともに明智光秀を討った。柴田勝家が滅びると、越前北庄城城主。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

丹羽長秀
にわながひで
[生]天文4(1535).尾張
[没]天正13(1585).4.16. 越前
安土桃山時代の武将。近江佐和山城主。長政の子。通称,五郎左衛門。羽柴越前守,一時,惟住氏を称した。織田信長に仕え,姉川の戦い,長篠の戦いなどに功があった。天正 10 (1582) 年四国征伐に出陣のおり,本能寺の変が起り,豊臣秀吉と合流して明智光秀を破った。以来秀吉に属し,賤ヶ岳,小牧長久手の戦いに従軍し,柴田氏滅亡後,秀吉から越前国と加賀国の一部を与えられ,越前北庄城主となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丹羽長秀
にわながひで
(1535―1585)
安土(あづち)桃山時代の武将。織田氏の老臣。尾張(おわり)国児玉(こだま)(名古屋市西区)に生まれる。幼名万千代、通称五郎左衛門(ごろざえもん)。奉行人(ぶぎょうにん)。名古屋市北区楠(くすのき)町味鋺(あじま)の長秀宅跡は現在県史跡。1571年(元亀2)浅井長政(ながまさ)の旧属城近江(おうみ)佐和山(さわやま)(滋賀県彦根市内)を守る。76年(天正4)惟住(これずみ)の姓を与えられ一時これを称す。82年信長は、三男神戸信孝(かんべのぶたか)に長秀をつけて、四国遠征の軍をおこす。信孝らは大坂城に集結。本能寺の変後は、羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉に協力し、惟任(これとう)(明智(あけち))光秀(みつひで)を撃破。信長の孫三法師(さんほうし)(のち秀信)を織田氏の後継者とすることに同意。柴田勝家(しばたかついえ)らとともに政務をとる。賤(しず)ヶ岳(たけ)の戦いでは秀吉に従い、勝家の挙兵を攻め自殺させる。越前北庄(えちぜんきたのしょう)(福井市)に鎮し、若狭(わかさ)と加賀半国の大名となる。室は織田信広の女(むすめ)[奥野高広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にわ‐ながひで【丹羽長秀】
安土桃山時代の武将。尾張国(愛知県)の人。五郎左衛門、のち羽柴越前守と称す。織田信長に仕え、姉川の戦いなどで功を立て、佐和山五万石の城主となる。信長没後、山崎の戦いで明智光秀を破り、賤ケ岳の戦い以後秀吉に属した。越前北庄を居城とする。天文四~天正一三年(一五三五‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹羽長秀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹羽長秀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation