@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【タン】

デジタル大辞泉

たん【丹】
硫黄水銀の化合した赤土辰砂(しんしゃ)。また、その色。に。
黄色みを帯びた赤色顔料。日本画に用いる。鉛の酸化物で、人工的に製造される。鉛丹。黄丹。
薬。特に、道家における長寿・不老不死の薬。
「―を練り、真を修し、天地とともに寿(いのちなが)しとぞ」〈読・弓張月・続〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【丹】[漢字項目]
常用漢字] [音]タン(呉)(漢) [訓]に あかい
鉱物の一。辰砂(しんしゃ)。「丹砂(たんさ・たんしゃ)
赤色の顔料。赤い色。に。「丹朱丹青丹頂
丹砂を配合した不老不死の仙薬。「丹薬仙丹練丹術
練り上げた薬。「反魂(はんごん)丹万金(まんきん)丹
まごころ。「丹精丹念
丹波(たんば)国、または丹後(たんご)国。「丹州
[名のり]あかし・あきら・に・まこと
[難読]雲丹(うに)甲比丹(カピタン)切支丹(キリシタン)牡丹餅(ぼたもち)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【丹】
《「土(に)」と同語原》
赤い色。丹色。「塗りの鳥居」
赤い色の顔料に用いる赤土。
「丹生(にふ)の郷(さと)。昔時(むかし)の人、此の山の沙(すなご)を取りて―に該(あ)てき」〈豊後国風土記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たん【丹 dān】
中国,道教でいう不老長生を得るための薬。葛洪の《抱朴子》では,不老長生を得るには,金丹を服薬することが最も肝要であるとする。金丹の金はその火で焼いても土に埋めても不朽である点が重んじられ,丹の最高のものは九転の丹で,焼けば焼くほど,霊妙に変化する点が重んじられ,この九転の丹を服用すると3日で仙人になれると説く。また丹華,神符,神丹,還丹,餌丹,錬丹,柔丹,伏丹,寒丹の九丹が説かれ,寒丹を1匙ずつ100日服用すれば仙人になり,仙童仙女がそば仕えをし,を用いずに軽やかに空を飛行できるとする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

に【丹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たん【丹】
[1] 〘名〙
① 硫黄と水銀の化合した赤土。辰砂(しんしゃ)。また、その色。に。
※高野山文書‐嘉吉三年(1443)五月二八日・山王院一御殿造営勘録状「にかへぬりの下行〈略〉四貫文たん十褁代」 〔書経‐禹貢〕
② 鉛に硫黄・硝石を加えて、焼いて製したもの。鉛の酸化物で鉛丹ともいう。黄色を帯びた赤色で、絵の具としまた、薬用とする。和泉国堺で産する長吉丹は上等とされた。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「合綵色物壱拾参種〈略〉塔分陸種〈朱砂六十二両一分 胡粉二百八十両一分 黄卅五両二分 丹二百八両〉」
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉八六「丹(タン)で塗った提灯が幾つも掛けてあります」
③ 薬のこと。多く、不老不死の薬をさしていう。
※菅家文草(900頃)一・仲春釈奠、聴講孝経、同賦資事父事君「換白何死、含丹在親」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「丹(タン)を煉(ねり)、真を修し、天地とともに寿(いのちなが)しとぞ」 〔徐陵‐答周処士書〕
[2] 丹波国(たんばのくに)、丹後国(たんごのくに)の略。
[3] 〘語素〙 丸薬・練薬の名前につける語。「万金丹」など。
※二十巻本和名抄(934頃)一二「紫霊丹 一名長生丹一名反魂丹」 〔晉書‐葛洪伝〕
[補注]((一)③及び(三)について) 道家では水銀に不老長生の効果があると信じられ、「経進地仙丹」「伏虎丹」「養生丹」といった神仙薬が作られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation