@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

主人【シュジン】

デジタル大辞泉

しゅ‐じん【主人】
家の長。一家のぬし。また、店のぬし。あるじ。「隣家の主人」「老舗(しにせ)の主人
自分の仕える人。雇い主など。「主人の不興を買う」
妻が他人に対して夫をさしていう語。「主人は出張しております」
客を迎えてもてなす立場の人。「主人役をつとめる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅじん【主人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐じん【主人】
〘名〙
① 家のぬし。あるじ。
※文華秀麗集(818)上・春日対雨、探得情字〈王孝廉〉「主人開宴在辺庁、客酔如泥等上京
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「此間内証の千臆さん〈晩花楼主人の俳名をしかいふ〉へ」 〔春秋左伝‐成公一五年〕
② 他人を従属または隷属させている者。他人を使用している者。領主、首領、雇い主など。だんな。しゅう。
※古今著聞集(1254)一六「主人の武士」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「奉公人も主人(シュジン)は撰む事たが」 〔易経‐明夷〕
③ 妻が他人に対して自分の夫をさしていう。
※道(1962)〈庄野潤三〉一「初めて主人が家出をしたことに気が附きました」
④ 一寺一山の棟梁、または寺主。
※明和本正法眼蔵随聞記(1235‐38)五「主人は寺院の大小の事、都て管せず」
⑤ 客をもてなす立場にいる人。
※茶湯一会集(1845頃)「主人は万事に心を配り、聊(いささか)も麁末なきやう、深切実意を尽し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation