@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

主記憶装置【しゅきおくそうち】

知恵蔵

主記憶装置
実行中のプログラムデータを格納している高速記憶装置で、メモリーと呼ばれる。RAM(Random Access Memory)は、メモリー中の任意のアドレスから、その配置順にかかわらず、ほぼ同じ時間で読み書きできるので、主記憶として使われる。読み書きの速度が一番速いのは、レジスターやキャッシュ・メモリーで、演算や記憶途中の一時的なデータを蓄える。ROM(Read Only Memory)は読み出し専用のメモリーで、変化しない一定の演算命令や固定したデータを格納する。
(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しゅ‐きおくそうち〔‐キオクサウチ〕【主記憶装置】
コンピューターの中央処理装置が直接高速で情報の読み書きができる記憶装置。処理される情報、直接実行させるプログラム、演算される出力情報が記憶されており、記憶素子にはICLSIなどが使われる。メーンメモリー主メモリー内部記憶装置

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅきおくそうち【主記憶装置】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅきおくそうち【主記憶装置】
コンピューターで、アドレスを指定することで CPU からデータに直接アクセスできる記憶装置。一般的には IC ・ LSI などが使用される。内部記憶装置。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

主記憶装置
しゅきおくそうち
main(internal) memory
コンピュータの基本構成の一つで,入力されたデータと,命令あるいはデータの処理過程で生じてくる中間結果などを記憶する記憶装置のうち中央処理装置内部に備えられた内部記憶装置をいう。主内部記憶装置は語ごとにアドレスがつけられ,コンピュータ本体が直接にそれを指定して情報 (データ) を書込んだり,読出したりすることができる。主記憶装置には,現在では半導体記憶装置 (ICメモリ) が用いられている。機能的には記憶容量が比較的に小さいが,呼出し時間が短い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐きおくそうち ‥キオクサウチ【主記憶装置】
〘名〙 コンピュータの内部に置かれていて、制御装置、演算装置などから直接アクセスできる記憶装置。メーンメモリ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

しゅきおくそうち【主記憶装置】
メインメモリー。⇒メインメモリー

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主記憶装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主記憶装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation