@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

主題図【しゅだいず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

主題図
しゅだいず
thematic map
特殊図 special mapまたはトピカルマップ topical mapともいった。現在は主題図と特殊図を区別するようになったが,その区分は必ずしも明確でない。区別する場合,前者は,土地に関する科学的情報またはその解析結果を地図に表わしたものをさし,後者は,天気図,航空図,海図道路地図,新聞のニュース解説用の説明図などのタイムリーなものをさす。内容からみた主題図には,定性的な事象分布を示した土地利用図土地条件図地質図などや,定量的な事象をその量も地図表現した人口図などがある。科学的な主題図はイギリスの E.ハーレーが 1686年に作成した海洋の貿易風風向図がその初めといわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅだい‐ず〔‐ヅ〕【主題図】
土地利用・人口地質植生・道路・防災・観光など、特定の主題に重点を置いて描き表した地図。→一般図

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅだいず【主題図】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅだいず【主題図】
地質・植生・道路・土地利用・人口・観光など、特定の主題について詳しい情報を編集して表現した地図。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

主題図
しゅだいず

地図をその表現する内容ないし利用の観点から大別したものの一つ。すなわち、地表面上の自然、人工のすべてのものを均等に表現する一般図に対して、特定の主題について詳しく表現した地図をいう。普通、一般図を基図として、その上に色彩や記号を用いて表現する。主題図には、地質図、地形分類図、土壌図、資源分布図、植生図、気候図、天気図など自然条件に関するもの、地籍図のように土地の所有、管理状況を表すもの、土地利用、人口、産業、交通、通信、観光などに関するものなど、きわめて多くの種類があり、また対象地域の大きさによっていろいろの縮尺のものがある。地域的な分布や地域間の流動を表すためには、地図表現が有力な手段であることから、主題図の需要は、土地利用の高度化、経済、社会、文化活動の活発化に伴って増加し、その作成や表現方法が重要な研究対象となっている。

[五條英司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主題図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主題図の関連情報

関連キーワード

サルコイドーシスMAP(マップ)キナーゼ細胞内情報伝達機構染色体地図リン酸水素アンモニウム特撮黒木華MAPMAPKKMAPKKK

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation