@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

久保栄【くぼさかえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

久保栄
くぼさかえ
[生]1901.1.2. 札幌
[没]1958.3.15. 東京
劇作家,演出家。東京大学独文科卒業。 1926年,翻訳が機縁となって築地小劇場文芸部に入る。小山内薫師事し,土方与志助手をつとめた。新築地劇団左翼劇場を経て,34年新協劇団結成,40年の弾圧による解散までプロレタリア演劇の流れを守った。社会主義リアリズムにのっとった創作方法を提唱し,『火山灰地』 (2部作,1937~38) をはじめ,『中国湖南省』 (32) ,『五稜郭血書』 (33) ,『林檎園日記』 (47) ,『日本の気象』 (53) などを書いた。特に『火山灰地』は社会主義リアリズム理論をみごとに戯曲形象化したものとして,新劇史に特記される。また,『夜明け前』の演出は新劇史に一時期を画したといわれる。 58年みずから命を絶った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くぼ‐さかえ【久保栄】
[1900~1958]劇作家・演出家。北海道の生まれ。築地小劇場文芸部を経て、新築地劇団・新協劇団・東京芸術劇場の結成に参加、劇作・演出・評論に活躍。戯曲「五稜郭(ごりょうかく)血書」「火山灰地」、小説「のぼり窯」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

久保栄 くぼ-さかえ
1900-1958 昭和時代の劇作家,演出家。
明治33年12月28日生まれ。築地小劇場文芸部,日本プロレタリア演劇同盟をへて,昭和9年村山知義(ともよし)らと新協劇団を結成。13年「火山灰地」を創作・演出し,リアリズム戯曲の最高傑作と評価される。昭和33年3月15日入院中に自殺。57歳。北海道出身。東京帝大卒。作品はほかに「五稜郭(ごりょうかく)血書」など。
【格言など】つくる喜びと生きる呪いをこめて 今日も明日も焼く炭焼窯(「火山灰地」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くぼさかえ【久保栄】
1900‐58(明治33‐昭和33)
劇作家,演出家,小説家。北海道生れ。幼時叔父養子となり,もっぱら東京で暮らす。一高を経て1926年東大独文科卒。その間,小山内薫に師事,築地小劇場に入って自然主義,表現主義戯曲を翻訳した。30年,日本プロレタリア演劇同盟に参加し,機関誌編集や創作,演出にあたった。この時期の作に《国姓爺新説》《中国湖南省》《五稜郭血書》《吉野盗賊》がある。34年に結成された新協劇団の旗揚げ公演《夜明け前》(島崎藤村原作)演出でリアリズム演劇を確立し,その社会主義リアリズム理論は名作火山灰地》に具現し,評論集《新劇の書》(1939)を生んだが,40年新劇事件で検挙され公的活動を遠ざかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

久保栄
くぼさかえ
(1900―1958)

劇作家、演出家。明治33年12月28日札幌に生まれる。父は野幌煉瓦(のっぽろれんが)工場を経営、のち札幌商工会議所会頭。3歳で父の弟の養子となり上京。のち養家が没落し生家へ復籍。1917年(大正6)第一高等学校入学。このころから『ホトトギス』『水甕(みずがめ)』に投稿。18年、島崎藤村(とうそん)選透谷(とうこく)賞に当選、『中央文学』に処女小説『三人の木樵(やまご)の話』が載る。東京帝国大学独文科在学中に築地(つきじ)小劇場で彼の翻訳による『ホーゼ』が上演され、26年卒業後同劇場文芸部に入る。表現主義戯曲の翻訳などにあたり、築地分裂後は土方与志(ひじかたよし)らと新築地劇団を結成するがまもなく退団。『劇場街』『劇場文化』を創刊。30年(昭和5)、戯曲『新説国姓爺合戦(こくせんやかっせん)』(のち『国姓爺新説』と改題)を発表し劇作家として出航、またプロットに加盟、『プロレタリア演劇』の創刊にあたる。34年のプロット解散を経て40年の新劇人事件で検挙されるまでの間、ドイツのプロレタリア演劇の紹介や戯曲の翻訳、創作、演出と多面的に活躍する。緻密(ちみつ)な理論に基づく戯曲『中国湖南省』(1932)、『五稜郭血書(ごりょうかくけっしょ)』『吉野の盗賊』(ともに1933)、大作『火山灰地』(1937~38)や、翻訳『織工(おりこ)』『群盗』『ファウスト』を発表、演出した。新協劇団でのそれらの上演は、『夜明け前』や『父帰る』の演出などとともに絶賛された。第二次世界大戦後、滝沢修(おさむ)らと東京芸術劇場を結成(1945)するが、戦争責任を描いた戦後第一作の『林檎(りんご)園日記』(1947)上演後に解体。以後、生家に材を得た長編小説『のぼり窯(がま)』(第1部・1951)執筆にすべてをかけるが、うつ病が悪化し完成をみずに入院加療中の昭和33年3月15日縊死(いし)した。死後『久保栄研究』1~10号(1959~69)が刊行され、札幌市資料館に原稿その他が展示されている。

[井上理恵]

『『久保栄全集』全12巻(1961~63・三一書房)』『村上一郎著『久保栄論』(1959・弘文堂)』『沢田誠一著『白い土地の人々』(1979・構想社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くぼ‐さかえ【久保栄】
劇作家、演出家。北海道出身。東京帝国大学卒。築地小劇場に入り、表現主義演劇を研究。以後、新築地劇団、新協劇団の結成に参加してプロレタリア演劇運動を指導、社会主義リアリズム演劇を樹立。代表作に「五稜郭血書」「火山灰地」「林檎園日記」など。明治三三~昭和三三年(一九〇〇‐五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久保栄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久保栄の関連情報

関連キーワード

新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広内閣総理大臣加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation