@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

久原房之助【くはら ふさのすけ】

美術人名辞典

久原房之助
実業家・政治家。山口県生。久原庄三郎の四男。慶応義塾大卒。森村組を経て、藤田組に入社、のち日立製作所久原商事などを設立し、久原財閥を形成した。政友会に入党し、田中義一内閣の逓信相、立憲政友会幹事長・総裁となる。また日中・日ソ国交回復国民会議議長を務めた。昭和40年(1965)歿、96才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

くはら‐ふさのすけ【久原房之助】
[1869~1965]実業家・政治家。山口の生まれ。久原鉱業所・日立製作所などを創立金融恐慌後、政界に入り、逓相政友会総裁を歴任第二次大戦公職追放、解除後は中ソ両国との国交回復に尽力した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

久原房之助 くはら-ふさのすけ
1869-1965 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治2年6月4日生まれ。久原庄三郎の4男。明治24年藤田組にはいり小坂鉱山再建。日立鉱山を開発して久原鉱業,日立製作所を創立する。昭和3年経営を義兄鮎川義介(あゆかわ-よしすけ)にゆだね衆議院議員転身(当選5回),同年田中義一内閣逓信相,14年政友会総裁。昭和40年1月29日死去。95歳。長門(ながと)(山口県)出身。慶応義塾卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くはらふさのすけ【久原房之助】
1869‐1965(明治2‐昭和40)
実業家,政治家。山口・萩の醸造業者久原庄三郎の四男に生まれる。藤田組の創設者藤田伝三郎は父庄三郎の実弟。慶応義塾卒業。森村組を経て藤田組に入り,小坂鉱山の再建にあたる。1905年藤田組を退社。茨城県赤沢銅山を買収,久原鉱業所日立鉱山と改称。08年に同鉱山内に鉱山用電気機械の修理工場が設置されたが,これが日立製作所の始まりである。以後,第1次大戦下の好況にのって多方面の事業に進出したが,戦後恐慌により久原商事が破綻するなど大きな痛手をうけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くはらふさのすけ【久原房之助】
1869~1965 実業家・政治家。山口県生まれ。久原鉱業・久原商事・日立製作所を創立。逓相・政友会総裁などをつとめ、一国一党論を主張。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

久原房之助
くはらふさのすけ
[生]明治2(1869).6.4. 山口
[没]1965.1.29. 東京
明治・大正期の実業家,第2次世界大戦前の政治家。慶應義塾を卒業後,森村組や藤田組に勤めたが,1905年独立して赤沢銅山を買収し日立鉱山 (のちの久原鉱業) と改称してこれを経営。その後久原商事 (1918) ,日立製作所 (1920) などを設立,実業界のとなる。 1927年諸事業を義兄鮎川義介にゆだねて政界に転じ,田中義一内閣の逓信大臣,立憲政友会幹事長などを歴任した。 1936年の二・二六事件の際右翼に資金を提供して反乱幇助罪に問われる。第2次世界大戦後追放されたが,解除後は日ソ・日中国交回復に尽力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

久原房之助
くはらふさのすけ
(1869―1965)
企業家、政治家。山口県生まれ。藤田組の創始者藤田伝三郎の次兄久原庄三郎(しょうざぶろう)の四男。慶応義塾卒業後いったん森村組に勤務するが、叔父伝三郎の要請により藤田組に転じ、小坂鉱山の経営刷新に努めた。1905年(明治38)藤田組を辞し、茨城県下の赤沢鉱山を買収、これを日立鉱山と改称して独立した。1912年同鉱山を基盤に久原鉱業所を設立、第一次世界大戦のブームで巨利を得て、久原財閥の形成を意図した。しかし大戦後、産銅事業の不振と久原商事の破綻(はたん)によって不振に陥り、経営再建を義兄の鮎川義介(あいかわよしすけ)に委嘱、政界入りした。衆議院議員となり田中義一内閣の逓信(ていしん)大臣に就任したのを皮切りに、政友会幹事長・総裁、内閣参議などを歴任した。第二次世界大戦後は公職追放となり、解除後、衆議院議員に一度当選し、また、日ソ・日中国交回復国民会議議長に就任し、両国との関係回復に努めた。[宇田川勝]
『久原房之助翁伝記編纂会編・刊『久原房之助』(1970) ▽古川薫著『惑星が行く――久原房之助伝』(2004・日経BP社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くはら‐ふさのすけ【久原房之助】
実業家、政治家。山口県出身。慶応義塾卒。日立鉱山会社、日立製作所、久原商事会社などを設立。衆議院議員、逓信相、政友会総裁をつとめ、大陸進出、政党解消を主張。明治二~昭和四〇年(一八六九‐一九六五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

久原房之助
くはらふさのすけ
1869〜1965
明治〜昭和期の実業家・政治家
山口県の生まれ。慶大卒。久原鉱業・日立製作所などを経営。1927年義兄鮎川義介に事業を託して政界に入り,立憲政友会に所属,田中義一内閣の逓信大臣になる。'39年政友会最後の総裁に就任。'40年政党解消を主唱して日本のファシズムを推進した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久原房之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久原房之助の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation