@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

久慈川【くじがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

久慈川
くじがわ
岩手県北東部,平庭岳 (1060m) の北麓を発し,東流して久慈湾に注ぐ全長約 40km。久慈市の芋谷橋から岩井橋にかけての約 5kmの間は深い峡谷をつくり,両岸石灰岩からなる灰白色絶壁久慈渓流と呼ばれ,久慈平庭県立自然公園の一部をなす。下流部では長内川や夏井川が合流し,沖積低地形成

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久慈川
くじがわ
茨城県北部を流れる川。福島県との県境にある八溝山より発し,途中八溝川,里川などと合流して日立市と東海村の境界で太平洋に注ぐ。全長 124km。中流常陸大宮市以北には河岸段丘が発達し,上位段丘は畑地,下位段丘は水田として利用。上流の大子町では穿入蛇行や峡谷がみられ,支流袋田の滝とともに奥久慈県立自然公園に属する。河水は日立市などの上水道,工業用水に利用される。河口部は沿岸流のためL字形をなしていたが,直線状に改修された。旧河口左岸に日立港が建設され,重電機器の積み出しや北洋材陸揚げが行なわれる。河口右岸の東海村に日本原子力研究開発機構の施設がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くじ‐がわ〔‐がは〕【久慈川】
福島県南部から茨城県北部を流れる川。八溝(やみぞ)山の北斜面に源を発し、南流して日立市南端で太平洋に注ぐ。長さ124キロ。農工業や都市用水に利用される。アユの釣り場としても有名。中流域の支流に袋田の滝がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くじがわ【久慈川】
茨城,栃木,福島の3県にまたがる八溝(やみぞ)山(1022m)の福島県側斜面に源を発し,茨城県北部を南東流し太平洋に注ぐ川。幹線流路延長124km,全流域面積1490km2。八溝山北麓から北東流し福島県棚倉町付近で南に流れを変えるが,阿武隈川上流とは低丘陵で分水を画しており,下刻作用の盛んな久慈川が阿武隈川上流を争奪したものと考えられる。福島・茨城県境の山地に谷を刻む矢祭(やまつり)渓谷付近から,途中大子(だいご)盆地を経て茨城県山方(やまがた)町付近までの約40kmは,八溝山地西部を穿入(せんにゆう)蛇行し峡谷と急流をつくっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

くじ‐がわ ‥がは【久慈川】
茨城県北部を東南流する川。茨城・福島・栃木県境の八溝(やみぞ)山北斜面に発し、日立市久慈で太平洋に注ぐ。古くは交通路に利用。上流の渓谷は袋田の滝などの景勝地として知られ、アユを産する。全長一二四キロメートル。
※万葉(8C後)二〇・四三六八「久自我波(クジガハ)は幸(さけ)くあり待て潮船(しほぶね)に真楫(まかぢ)繁貫(しじぬ)き吾(わ)は帰り来(こ)む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久慈川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久慈川の関連情報

関連キーワード

桜島讃岐山脈葛巻[町]桜島土器川西根[町]真昼山地竜王山オーロプレト琴南

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation