@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

久能山東照宮【くのうざんとうしょうぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

久能山東照宮
くのうざんとうしょうぐう
静岡県中部静岡市にある徳川家康をまつる神社。旧別格官幣社。相殿に豊臣秀吉織田信長をまつる。久能山には推古時代に久能忠仁が補陀落山久能寺を創建したと伝えられ,山上が要害のため武田信玄が寺院を移転させ城を築き,武田氏の滅亡後は徳川氏の支配するところとなった。元和2(1616)年家康が死去すると遺言により遺体は久能山の山上に葬られ,城は廃止された。2代将軍徳川秀忠の命により,紀伊宰将頼将が総奉行となり社殿が築造された。初め東照社と呼んだが,正保2(1645)年宮号が許され,以後東照宮と称される。現存する創建当初の社殿は,総漆塗り,極彩色の権現造で,桃山時代の技法を受け継ぐ江戸初期の代表的な建築として,2010年に国宝に指定された。また,楼門,神厩,鼓楼,神楽殿,神庫,唐門,社殿の背後の神廟など多くの建造物が国の重要文化財。境内には宝物類を納める博物館があり,家康の遺品,歴代将軍や諸大名の寄贈の品が収蔵され,なかでも秀忠寄進の備前真恒作の太刀は国宝に指定され,家康着用の具足,胴丸,太刀は国の重要文化財に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

久能山東照宮
静岡県静岡市駿河区▽の久能山にある神社。祭神は徳川家康。1616年に没した家康の遺骸は遺言により当地に祀られ、後に日光に移葬された。権現造の本殿、石の間、拝殿は1617年の建築で国宝に指定。家康の遺品など、数多くの文化財を保有する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

久能山東照宮
くのうざんとうしょうぐう
静岡市駿河(するが)区根古屋(ねごや)の久能山に鎮座。祭神は徳川家康、相殿(あいどの)に豊臣(とよとみ)秀吉、織田信長を祀(まつ)る。1616年(元和2)家康が駿府(すんぷ)城で没すると、遺命によってこの地に神祭にて葬られ、のち日光に改葬された。翌17年社殿を竣工(しゅんこう)し、初めは東照社とよんだが、1645年(正保2)宮号が宣下され東照宮と称した。朝廷の崇敬厚く、東照大権現(だいごんげん)の神号を賜る。旧別格官幣社。現在の権現造の社殿(国宝)は創建当時のもので、総漆塗、細部の彫刻などに極彩色を施し、桃山時代の技法をも取り入れた江戸初期の代表的建造物である。家康の遺品類、徳川歴代将軍や諸大名寄進の武具など数多くの国宝、重要文化財の宝物を所蔵する。例祭は4月17日。[森安 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くのうざん‐とうしょうぐう ‥トウセウグウ【久能山東照宮】
静岡市駿河区根古屋、久能山にある神社。旧別格官幣社。主神は東照大権現(徳川家康)。元和二年(一六一六)家康の遺骨を埋葬、翌年日光に改葬し、その故地に東照社を創建。正保二年(一六四五)宮号の宣下があり、以来東照宮という。銘真恒の太刀(国宝)を所蔵する。久能山。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久能山東照宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久能山東照宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation