@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

久遠寺【クオンジ】

デジタル大辞泉

くおん‐じ〔クヲン‐〕【久遠寺】
山梨県南巨摩(みなみこま)郡身延(みのぶ)町にある日蓮宗総本山。山号は身延山院号は妙法華院。文永11年(1274)入山した日蓮のために波木井実長(はきいさねなが)らが西谷に小庵をつくったのに始まる。15世紀後半、日朝大伽藍を造営した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

久遠寺
山梨県南巨摩郡身延町にある寺院。日蓮宗総本山。山号は身延山、院号は妙法華院。1274年、日蓮の入山の年を開山とし、日蓮の遺骨が奉じられる。名所

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くおんじ【久遠寺】
山梨県南巨摩郡身延町にある日蓮宗総本山。身延山妙法華院と号する。日蓮が1274年(文永11)から82年(弘安5)にかけて在住した旧跡で,のちその廟所が寺院化して久遠寺となった。日蓮没(1282)後,その遺言により廟所が身延に置かれ,門弟の輪番による廟所への奉仕が制定された。しかし,やがて行われなくなり,日興(につこう)が主としてこれに当たり,日向(にこう)も身延に来て学頭を務めたが,身延の地を寄進した日蓮の檀越(だんおつ)波木井(はきい)実長と日興との間に不和が生じ,日興は88年(正応1)駿河に去ったので,日向が住持=貫首かんず)となり,身延門流=日向門流の拠点とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

久遠寺
くおんじ

山梨県南巨摩(みなみこま)郡身延(みのぶ)町にある日蓮(にちれん)宗総本山。通称身延山。日蓮は佐渡流罪赦免後も蒙古(もうこ)襲来を予言し幕府を諫(いさ)めたが、三度目の諫暁(かんぎょう)ののち、1274年(文永11)甲州波木井(はきり)の地頭(じとう)波木井六郎実長(さねなが)の迎えを受けて、6月17日身延山西谷(御草庵(ごそうあん)跡の地)へ入ったのに始まる。身延は、釈迦(しゃか)が『法華経(ほけきょう)』を説いた霊鷲山(りょうじゅせん)に似、天台大師の修法の地天台山に異ならないと称し、53歳より9年間滞在した。その間、多くの弟子が訪れ、7年後に10間四面の本堂が建てられた。日蓮はここで『顕立正意鈔(けんりゅうしょういしょう)』『撰時鈔(せんじしょう)』『報恩鈔(ほうおんしょう)』『教行証(きょうぎょうしょう)御事』『諫暁八幡鈔』『三大秘法稟承事(ぼんじょうのこと)』など多くの著作をなした。61歳のとき身延を出、武蔵(むさし)国(東京都)池上宗仲(いけがみむねなか)の邸(やしき)で没したが、遺言により遺骨は身延へ埋葬され、六老僧が1か月ごとの輪番制で廟(びょう)を守った。のちに日向(にこう)が寺主となり、第二祖とされた。1474年(文明6)第十一祖日朝(にっちょう)が現在の地に大伽藍(がらん)を造営した。戦国時代は、武田氏の帰依(きえ)を得、江戸時代には豊臣(とよとみ)秀吉の姉日秀尼が堂宇を増修、徳川家康・秀忠(ひでただ)が判物を与えた。徳川家により10万石を寄進され、上人(しょうにん)号を勅許された。現在、本堂、祖師堂、御真骨(ごしんこつ)堂、三門、思親閣(ししんかく)(奥の院)、宝物館ほか多くの建物を有し、寺宝に徽宗(きそう)筆絹本着色「夏景山水図」(国宝)、鎌倉古写本『本朝文粋』『宋版礼記(らいき)正義』『釈迦八相(しゃかはっそう)図』(いずれも国重要文化財)などがある。なお、七面山(しちめんざん)は日朗(にちろう)の登山開闢(かいびゃく)の霊地。開闢会(え)(6月15~17日)、御会式(おえしき)(10月11~13日)などの行事を行う。

[田村晃祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くおん‐じ クヲン‥【久遠寺】
山梨県南巨摩郡身延町にある日蓮宗総本山。山号は身延山。文永一一年(一二七四)日蓮が結んだ草庵にはじまり、弘安四年(一二八一)領主波木井実長が伽藍を創建。翌年、日蓮没後その遺骨を納めた。武田氏、豊臣氏、徳川氏などの保護をうけ、隆盛期には支院一六〇を数えた。国宝の「宋版礼記正義」「夏景山水図」がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

久遠寺
くおんじ
山梨県南巨摩郡身延町にある日蓮宗総本山
1281年日蓮の有力な信徒である南部(波木井 (はきい) )実長 (さねなが) が建立。1474年,11世日朝のとき現在の地に移り,日意・日伝までの中興の3師によって栄えた。江戸時代には紀州・水戸両家に保護され,勅願所になった。2度の大火をうけたが現在は旧観に復している。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久遠寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久遠寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation