@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乗合馬車【ノリアイバシャ】

デジタル大辞泉

のりあい‐ばしゃ〔のりあひ‐〕【乗合馬車】
多人数がいっしょに乗る馬車。ふつう、一定の路線を一定の運賃をとって走った。→円太郎馬車
[補説]書名別項。→乗合馬車

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のりあいばしゃ【乗合馬車】[書名]
中里恒子短編小説。国際結婚をテーマに女性の生き方を描く。昭和13年(1938)発表。同年、「日光室」とあわせ第8回芥川賞受賞。女性による芥川賞受賞は本作が初。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のりあいばしゃ【乗合馬車 omnibus】
19世紀初頭のヨーロッパの都市において,重要な公共輸送機関として発達した,通常2頭立て4輪の馬車。現在の路線バスに相当する。ヨーロッパ諸語ではomnibusの語をあてるが,元来はラテン語で〈万人のために〉を意味し,乗合馬車の呼称としては19世紀初頭,フランスのナントで採用された。また,この言葉からバスの語が派生した。 哲学者のパスカルが17世紀後半に入って最初に考案したといわれ,その計画は1662年にパリ市内で実現され,営業が認可された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

のりあい‐ばしゃ のりあひ‥【乗合馬車】
〘名〙 多人数がいっしょに乗る馬車。ふつう、一定の路線を一定の料金をとって走った。明治五年(一八七二)に始まる東京の乗合馬車は、馬丁がラッパを吹いて行人に注意をうながした。円太郎馬車とも呼ばれる。同一五年に鉄道馬車が開業してからは、次第に衰滅。乗合。
※新聞雑誌‐三九号・明治五年(1872)四月「其外江ノ島鎌倉等へ乗合馬車を仕立」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乗合馬車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乗合馬車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation