@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乗打【のりうち】

精選版 日本国語大辞典

のり‐うち【乗打】
〘名〙
① 馬、駕籠(かご)など、乗物から降りないでそのまま通り過ぎること。下乗(げじょう)の礼を欠くこと。貴人や長上の前、あるいは皇族の邸や神社の前を通過する時は、いったん馬、駕籠などから降りて軽く会釈するのが習わしであった。
※太平記(14C後)一一「羽書を頸に懸たる早馬三騎、門前まで乗打(ノリウチ)にして」
② (乗りこんですぐに打ちはじめるの意から) 芝居、演芸の地方巡業で、興行地に到着するとただちにそのまま開演すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乗打」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乗打の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation