@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乗馬【ジョウバ】

デジタル大辞泉

じょう‐ば【乗馬】
馬に乗ること。「乗馬クラブ」
乗用の馬。のりうま。「愛用の乗馬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のり‐うま【乗(り)馬】
乗用の馬。
に乗ること。騎乗。じょうば。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐め【乗馬】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうば【乗馬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょう‐ば【乗馬】
〘名〙
① 馬に乗ること。また、馬に乗った人。騎馬武者。上馬。じょうめ。
※今昔(1120頃か)九「庾抱、乗馬にて衣冠の姿也」 〔易経‐屯卦〕
② 乗用の馬。のりうま。⇔役馬(えきば)
※今昔(1120頃か)二九「亦希有(けう)の乗馬の徳に命を存したる者也」 〔管子‐臣乗馬〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐め【乗馬】
〘名〙 (「め」は「馬」の呉音) =じょうば(乗馬)
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)七「乗馬(ジャウメ)でも頭(づ)なくあたけるやつをのっぱしらかす男だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のり‐うま【乗馬】
〘名〙
① 乗るために用いる馬。乗用の馬。騎馬に適した馬。じょうば。
※新撰字鏡(898‐901頃)「騎 跨馬也 伊佐牟乃利馬」
※栄花(1028‐92頃)玉の村菊「今より若君達、はかなき壺胡籙の飾や、のり馬の数までの事をおぼし急ぎけるも」
② 馬に乗ること。また、馬に乗っていること。騎乗。のりま。じょうば。
※海人藻芥(1420)「同輩の人、乗輿与乗馬にて行合ふ時、先乗馬の人可下」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のり‐ま【乗馬】
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「何公は・乗(ノリマ)既に多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乗馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乗馬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation