@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

乙女座【オトメザ】

デジタル大辞泉

おとめ‐ざ〔をとめ‐〕【乙女座】
黄道十二星座の一。6月上旬の午後8時ごろ南中する。α(アルファ)星スピカは光度1.0等。最大規模の銀河の集団、乙女座銀河団がある。現在、秋分点はこの星座にある。学名 〈ラテン〉Virgo

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

乙女座
二区分は女性星座。三区分は柔軟星座。四区分は地のエレメント。支配星は水星。身体の象徴部位は腹部消化器系。完璧主義。奉仕精神。事務処理能力や分析能力、識別能力を持つ。神経質。几帳面で秘書的才能に恵まれる。修復能力の高さゆえに「薬箱」との指摘すらある。分析能力の高さと完璧主義が悪く出ると、痛烈な批判家になる。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おとめざ【乙女座】
6月初旬の宵に南中する黄道十二星座の一。かつて黄道十二宮の処女しよじよ宮に相当した。最輝星はスピカ。現在の秋分点はこの星座の中に位置する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乙女座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乙女座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation